2017年6月27日火曜日

花組「Sante」の感想

プロローグの男役5人の幕あきから

舞台中央セリに乗った明日海りお。

みりおちゃん、身体にぶどうの蔦と果実を
まとってます。


美しいです。
「サンテ」と叫んで、白のマントが取れて
銀橋に来て、組子たちも


客席降りしてくれます。
グラスは持ってないですが、
持っている人には乾杯してくれます。

もちろん、座席によりますけどね。
1回目は、マイティ(水美舞斗)と
くみちゃん(芽吹幸奈)が近くに来てくれたので

乾杯!


グラスを持っていてよかったです。

ちなつ(鳳月杏)のお茶会でも
「グラスを持ってくれていると
目立つし、嬉しいですので、
ぜひお買い求めください」
と遠慮がちに
言ってました。


遠慮がちに言うところが
優しい人だなぁと
つい、さらに贔屓してしまいます。

あ、脱線してしまった。


マギー(星条海斗)と美穂圭子さんの場面
歌唱力があるっていいですよね
安心して、鑑賞できます。


マギーとみりおちゃんの並びも
月組以来で懐かしいです。



マギーも素敵ですよ。
専科さんという感じはしないです。




やんさん(安寿ミラ)の振り付けの場面
ソフト帽とスーツ。


素敵ですよ!

振り付けがやんさんらしいです。


1回目は、ちなつしかみてなかったので
2回目は、オペラをあげるのを
グッと我慢して


全体の構成を確認。
後ろ姿が素敵です。
でも、ちなつが真ん中で踊るところは
しっかりオペラ 笑


その後、みりおちゃんとゆきちゃん(仙名彩世)
キキちゃん(芹香斗亜)とあかり(白姫あかり)
カレイ(柚香光)とヒラメ(朝月希和)


この3組のダンス。
カレイとヒラメのカップルに目がいきました。
キキちゃんとあかりも


タッパがあるので、迫力あります。


みりおちゃんとゆきちゃんは
小さいので、どうしても埋没してしまう。
ゆきちゃんがこんなに背が低いとは
思わなかった。



ショーでは、ゆきちゃん、
高いヒールの靴を
履いてもいいのではないかなぁ


いつもみりおちゃんの横にいるわけでも
ないので、一人の娘役としてしっかりと
立ってほしい。





フランス料理が順番に出て来ます。


銀橋を渡り継ぎます。


まずは、サラダのあきら(瀬戸かずや)
とりりかちゃん(華雅りりか)
緑色の衣装。




コーンポタージュ、マギーと美穂圭子さん
黄色の衣装。


キキちゃんは魚、水色の衣装


メインが肉!ゆきちゃん
みりおちゃんがソース
絡んでます。


回る盆の上で絡んでます。
美穂圭子さんの歌詞を噛み締めながら
みてください。


マイティは、チーズ。
紫の衣装、青カビらしいです。


ちなつとベーちゃん(桜咲彩花)は
デザート、白の衣装にピンクです。


それからカレイ中心のカンカン
カレイが汗だくです。

中詰がラテン系です。

ここで、確か、みりおちゃんが
女装してた。
歌います。



それから、上手の花道に引っ込むが、
ただ、ただ、歩いて引っ込む。
何か一言、言ってほしい。

本人も言いたそうに見える。



あきらとマイティが踊ります。
マイティが女装。
お腹出てます。


ポールダンサーみたいです。
とにかく、綺麗な腹筋。
マイティのお腹とダンスに


目が釘付けです。
一生に一度だけでもあんな
お腹になりたいと思う。


ていうか、マイティ、女の子だよね?笑


マギーと美穂圭子さんの場面。
またまた、美声が聞けます。


キリストの流した血が赤ワインになるという
シーン。
キキちゃんが、吟遊詩人。
みりおちゃん、他多勢出て来ます。


ちなつも出て来ます。


それから、私のお気に入り
ゆきちゃん中心で娘役がだるまで羽背負って
一人ずつ、ピンスポット当たります。


ピンスポットの照明が弱いから
拍手が起きませんが、
男役さんなら

一人ずつ、拍手をもらっていそうな
シーンです。

ゆきちゃんが、艶ぽい声で
歌います。そして、掛け声言いながら
銀橋を駆け抜けます。


かっこいいですよ。


もっと拍手してあげてと
思いながら、手を叩きました。


ゆきちゃん、小さいけど
パンチのあるダンスです。



黒燕尾、赤いバラを一輪胸に刺して
踊ります。
「乾杯」の曲です。

みんなが知っている曲なので、
入り込みやすいです。


そして、トップコンビの
デュエットダンスです。


エトワールが96期娘役3人です。
乙羽映見、朝月希和、更紗那知

あっという間のショーで
「もう、終わるのか!!!」


お芝居と、正反対。
またまた、愚痴になるのですが、
邪馬台国の最後の緞帳が


降りてくるときに、
「ごめんなさい、終わりまーす。
失礼しました!」


て感んじに見えるのです。
東京公演で変わらないかなぁ

無理かな?



もうやめとこ・・・

これにておしまい。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月25日日曜日

花組観劇のためムラへ遠征して来ました。

6月24日土曜日15時公演を観劇と
25日日曜日の11時公演も観劇。



邪馬台国の風


うーんとね、はっきりと言います。
面白くないです。
眠いです。



あくびを6回しました。



2回目観劇の時に「なんで、面白くないのか?」
と分析しながら観てしまった。



舞台展開がマズイ!


1場面ごとに暗転になる
ストーリー、説明のためのセリフばかり
お稽古場みたいです。



何を伝えたいのか?
さっぱりわからない。


邪馬台国の女王となったヒミコが、
神の声を聞くという不思議な能力によって

政(まつりごと)を行い、国を治めていたというのは
面白いなあと改めて興味を惹かれ
作品を創り始めました。

(『歌劇』座談会より抜粋)


これを読み返して
だから面白くないのかと確認。


ヒミコの話だけだもんね。


恋愛らしい話もなく、
お芝居が盛り上がらない。


唯一、トヨ(朝月希和)が
フルドリ(柚香光)を好きだけど
片思いで、フルドリが好きなのは


イサカ(城妃美伶)。


イサカが好きなのは、タケヒコ(明日海りお)。
ここも片思いで、タケヒコはマナ(仙名彩世)が好き。


この場面だけは、連続していて
芝居に集中できるし、共感できる。



フルドリの切ない恋心の歌もよかったし、
カレイ(柚香光)も歌唱力が少し、
上がってます。


クコチヒコ(芹香斗亜)の悪役はかっこいいですが、
突拍子もなく出てくるから
???


なんか、悪と善を出しとけば
面白いでしょう?
という安易な設定。


下級生まで、役もありセリフもあり
座付き作者として、愛情を持って
作品を作ったのは理解できる。

でも、1万円近く払って
観る方の立場になってください。

もう、感想も書く気しない。



しかし、ちなつのファンなので、
アシラ(鳳月杏)について
見た目、かっこいい。


でも、肝心な時にいない。
みんなが戦っているのに
いない。笑


終わってから出てくるし・・・


立ち回りして欲しかったなと
ファンは思います。




さて、ショー「Sante」は
楽しかったです。


あっという間に終わってしまう。


客席降りもプロローグであるので、
テンションが上がります。
いきなり、客席の温度が上がってるのが


わかる!
邪馬台国と大違い。


客席降りの時間も長いので、
1階席、特に通路側は楽しいですよ!


幕あきは、キキ(芹香斗亜)、あきら(瀬戸かずや)
ちなつ、カレイ(柚香光)、マイティ(水美舞斗)
5人の男役のゴージャスな女装?です。




これはね、お茶会でも話題になりました。
詳しくは書けないけど
面白かったです。


お茶会も土曜日参加しました。
これは書けないので、
残念です。


キキちゃんから
お祝いが届いていて、
キキちゃんのちなつへの愛が
半端ないです。


ちなつは、おっとりしているので、
嬉しいけど、前面に出さないからね

出してるのかもしれないけど 笑


あ、脱線してしまった。

ショーについては
明日、続きを書きます。

さすがに眠いです。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月16日金曜日

カフェブレの天華と有沙、可愛いです

東京MXTVの今週の
カフェブレのゲストは
ピー助(天華えま)とくらっち(有沙瞳)でした。


出だし、くらっちがなんと演歌を小学生の頃に
習っていたという話題になりました。
大会で賞をもらっていたそうです。



こぶしも披露してくれました。
「天城越え」の最後の節を歌ってくれました。




くらっちの歌がうまいのは、
幼い頃から民謡を習っていたとは!
知らなかった。




新人公演の話で、
最後の「我が家」のエピソード話しながら
ピー助がくらっちに顔を近づけて


2度もですよ!


司会の中井さんが思わず
「近い近い」と


見ている側が恥ずかしくなる程でした。


指輪を買うエピソードとか
音楽学校時代の「初めて」の話。




もう、二人のラブラブ度がすごかったです。


こらーーー!
テレビの前で思わず、顔が赤くなるわ!


なんでやねん!笑


素敵な新人公演カップルでした。


ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月9日金曜日

蓮つかさ!新公主演、めでたい

れんこん(蓮つかさ)がやっと新人公演主演に決まった。
2013年に月組で上演された
「ルパン-ARSENE LUPIN-」で


暗がりで、1小節だけソロで歌っていた。
「この綺麗な声は誰?」と
オペラでみて、プログラムで確認して

蓮つかさ、97期。

それから、密かに応援してました。


新人公演でも二番手、三番手の役に
抜擢されていたけど
主演には選ばれなくて、やきもきしてた。


よかった、れんこん。


かれん(結愛かれん)、ヒロイン決定。
めでたいけど、チャピ(愛希れいか)の役は
かれんの雰囲気に合うだろうか?


というか、チャピって背が高いし、
元男役だからこのルイ14世の役ができるけど



愛らしく色気もあるかれんに
ルイ14世は厳しいかも



だいたい、この役ができる下級生の娘役が
いるだろうか?と思っていた。
男役がしてもいいかもと思っていたけど


そうしたら、下級生の娘役の士気も下がるしね


もう、決定だし
かれん、頑張って欲しい。



れんこんの主演をなんとかみたい。
友の会、当ててください!





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月29日月曜日

雪組ライブビューイングへ行った!

まだ、雪組本公演を観劇していないのに千秋楽のライブビューイングへ
行ってきました。


川崎の映画館で鑑賞しました。


「幕末太陽傳」
落語の話が原作なので
いろんなエピソードを一つにまとめたお芝居でした。


アドリブも飛び出して面白いみたい
大劇場は大受けでしたが、
こちらは、初見の方がほとんどだと思う。


ほとんど、笑いないです。
やっぱり、本公演を観てから千秋楽みるべきだったわ


チギは、縦横無尽に舞台を動かし
ゆうみも、上手い!




『Dramatic S』

スピーディなショーでしたよ!
中村一徳先生のショーらしい
これは、リピートしても楽しいかも


さよならショーは
チギ(早霧せいな)ファンではない私には
ちょっと、退屈だった。ごめんね


一緒に見ていた友人も同じ意見。
「思い入れがないとつまらないもんだなぁ」



まわりも、これから東上するからか、
冷めた反応に感じました。


東京の千秋楽はすすり泣く声が聞こえるけど  ほとんど、というか、全く聞こえなかった。


東京公演の千秋楽だともらい泣きしたかも

関東で、ムラの千秋楽を観るのは、
微妙な感じです。





挨拶は、だいちゃん(鳳翔大)が
「プロフェッショナルな雪組の方々・・・」
と言ったら会場が、笑ってたのです。



なんでかわからないです。


ゆうみ(咲妃みゆ)の挨拶で
これからの雪組のみなさんの活躍を切に祈ります(こんな感じのこと)と


「切に」に会場が反応して笑いが起きました。雪組ファンの方はゆうみちゃんの言動に敏感ですね。笑



笑われて、ゆうみちゃんが
なんで?という反応も面白いです。




何度目かのカーテンコールの後に下手から二人、チギみゆが出てきてからの
二人のやりとりが独特です。


チギが、わたしばかり喋っても
一言どうぞ

ゆうみちゃん、「わたしの大好きな人のイニシャルはS。早霧せいなさんです。」


チギのけぞってから「え?こうやって手のひらで三年間転がされてました。あとで、しかられそうですが」とツッコミ

ゆうみちゃんが、チギを見ている顔が、え?なんで?という顔。


独特な2人のワールドです。


ゆうみを操れるのは、チギだけですね
懐が広いチギちゃん!
この2人の並びが見れなくなるのは残念です。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月26日金曜日

ジゴロにしか見えないダイモン


「琥珀色の雨に濡れて」の
先行画像が出ています。

パッと見て、
「やっぱり、ダイモンはジゴロが似合う」

顔つきがね、憂い顔になってる?
私には、ジゴロかやり手の起業家に見える。



「ジゴロやりたい」
とJuriの宝塚音楽同好会で言ってましたよね。


なのに、どうしてこの作品をするの!
どうか、どうか、心配が杞憂に終わることを願う。



ジゴロのルイを翔くん(彩凪翔)
フランソワーズが星南のぞみかな?



フランソワーズって、難しい役です。
星組でハルコ(音波みのり)が演じてたけど
いまいちだった。


それで、難しい役なんだと気がついた。


観に行きたいけど
チケットが大変です。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月25日木曜日

はいからさんが通る、理想の配役!

はいからさんが通るの主要な配役が発表された。

伊集院 忍  柚香光
花村 紅緒  華優希
青江 冬星  鳳月杏  ← ファンなので、青で
鬼島 森吾  水美舞斗
北小路 環  城妃美怜
藤枝 蘭丸  聖乃あすか


めっちゃ、絵になる。
楽しみでしようがない。
理想の配役だと噂です。


華優希ちゃん、初バウヒロイン
おめでとう!めでたいな
期待してます。


ちなつが「ハンナの花屋さん」に行くのか?
どうなんだろうか?と気になってました。

はいから組だった。


青江冬星、金髪ロン毛
どうなるのだろう?

ちなつ、巻き毛!
ジャッキーで金髪だった。
ロン毛ではなかったから


オスカル様みたいなロン毛かなぁ?


蘭丸をあすかちゃん(星乃あすか)が
女形をどんな風に演じるのか楽しみです。
目立つ役です。


殻を破るチャンス!
みんな、期待してます。

チケットだけ、なんとか確保しなきゃ!




まだ、邪馬台国も初日開いてないのに
夏も来てないのに
10月の秋のことで


騒いでる私。



チケット取れるだろうか!!!

その前に原作漫画を読まなきゃ!
もう、遥か昔に読んだきりだから


ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月23日火曜日

ポーの一族ですか!

花組のラインアップが発表があった。

ポーの一族

同作品をミュージカル化したいと夢見て宝塚歌劇団に入団した小池修一郎が、1985年に「いつか劇化させて欲しい」と申し出て以来30年余り、萩尾望都があらゆる上演希望を断り続けた幻の舞台が遂に実現する。   

公式ホームページより



そうなんですね!



あらゆる上演希望を断っていて宝塚歌劇団に
許可を出したというのは、ファンとしては
嬉しいです。


原作読んだ記憶が無いのですが、
読書家の私の兄が絶賛していた記憶があります。
まだ、持ってるかな?


借りて、一読しなければ!


でも、1本物かあ!
ショーがないのは残念です。


ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月21日日曜日

瑠璃色の刻、観劇してきました

今週は3回、観劇が集中してました。
土曜日、晴天の中、赤坂へ


みやちゃん(美弥るりか)の単独主演作
「瑠璃色の刻」
かなと(月城かなと)の月組での初公演。

色々と楽しみだなぁと
行ってまいりました。


旅役者のシモンとジャックが
サンジェルマン伯爵の屋敷に
お宝を盗もうとして入り込んだら


伯爵の肖像画が
シモンそっくりでそのまま
なりすまして、ベルサイユ宮殿へ


乗り込み、貴族に取りいる話。
以前、一緒にいた旅役者たちに
宮廷で、出会って
バレそうになる。


でも、フランス革命が起こり
ジャックは、革命側へ

シモンは、なりすましたままの人生を選択する。

でも、人生の大切なものを
マリーアントワネットから学び
シモンに戻る

という話です。(間違ってるかも)


1部は、眠くなるところもあります。
お席がよくて、前の方のセンターだっだけど
照明が暗いのが、原因かも


眠くなりかけたところに
素晴らしい声の持ち主の
とし(宇月颯)演じるロベスピエールが


「市民よ、目を覚ますんだ!」


で私も
はい、覚まします。
とシャキっとしました。笑


ありがとう、とし。


としの迫力あるロベスピエール。
演技、ダンス、滑舌と歌唱力。
際立ってました。


うまいです。安心します。
嬉しいです。


月組生は、うまい生徒が多い。
レベル高いです。
目移りして困る。




ルイ16世のるうさん(光月るう)
穏やかな16世を演じてました。


るうさんも好き。
ダンスもキレがあるし演技もうまいし
この方、地味だけど

いつも、いい仕事してます。


プロヴァンス伯爵の貴澄隼人君
ちなつ(鳳月杏)と同期
カッコいいですよ。


推しの強い、貴族を
難なく演じてました。



歌唱力が抜群では無いけど
ほどほど、歌えます。
他の組なら上手い方

(月組自慢になって来た)



マリーアントワネットのさちか(白雪さち花)
泣かせましたよ。
まさか、泣くとは、予想してなかったので


ハンカチ用意してなかった。
反則や!
周りもすすり泣いてました。


彼女も演技派で、歌唱力もあります。
スタイルもよくて、ダンスも抜群。


スカートさばきが上手なんです。
もっと使ってほしいと思う役者さんの一人。
本公演でももっと使ってください。


ネッケルのまゆぽん(輝月ゆうま)
老け役、適役が多いですね。
若いのですが・・・

ロミジュリでの大公役が
強烈な印象だからでしょうね。



あの手のキャラクターの
レッテルが貼られてしまったのが
残念です。


かなと と同期なのですよ!



美弥ちゃんのことを書くのを
忘れてた。
最初の出は、シモンとして。


久しぶりに若々しい青年。
素敵でしたよ。


サンジェルマン伯爵に扮してからは、
本領発揮です。
怪しいです。


貴族を騙して、貧しい生活を
強いられていた恨みを晴らして
のさばってやろう!と


思うが、マリーアントワネットに
出会って、心が動き
シモンに戻る。


マリーアントワネットに

「国王一家はつつがなく人生を全うできます」
(セリフは、間違ってるかも)
と言う時の、辛そうな演技に



観客の鼻水をすする音がしてました。
私も、うるっとしました。




かなとのジャックね・・・
華があるけどね。
月組生の中にいると


上手くは見えないよ。
本人が一番、わかってると思う。



「月組、レベル高い!
まずい、このままじゃ!」
と思ってるはず。


思ってくれないと困る。
いつかは、トップになるはずだからね。


以前、美弥ちゃんが星から月に組替え時に、
「下級生もみんな歌が上手くて、びっくりした」と
言ってたのですよ。


ロミジュリの美弥ちゃんの
マーキューショーは歌が下手だった。
今は、上手くなったよね。


精進したよね。
かなとくんも精進するでしょう。


下級生のレンコン(蓮つかさ)
やす(佳城葵)、ツッチー(颯希有翔)、上手いよ!
頑張れ!かなと






うみちゃん(海乃美月)、アデマール。
バレリーナ?旅芸人の一座の一人です。
マリーアントワネットにスカウトされます。


特に、シモンが好きというのを
前面にだす役ではなかったので、
意外でした。



見せ場は、バレイを踊る所です。
ヒロイン扱いには感じなかった。


ルネくん(夢奈瑠音)は
旅芸人の一座の一人、
訛りのある下手な芸人を演じてました。


上手いのに下手にするって
難しいだろうなぁ
キャラクターがしっかり作ってあって

面白かったです。


他に目がいったのが、
蒼真せれん、英かおと、蘭尚樹
空城ゆう、天紫珠李、彩音星凪


多すぎですね
月組は目移りして困る。



フィナーレが素敵だという噂でしたが、
特筆するほどでも無いかと思う。


でも、宇月颯と貴澄隼人がキレキレだった。



やはり、月組は外さない。
もともと、月担当でしたから
自分でもひいき目があるのかなぁと思ってました。



でも、友人のかおも
同じ感想でした。彼女は、月担当では無いので、
嬉しいです。








ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月19日金曜日

星組新人公演(東京)の感想

かなり、期待して、日比谷へ
向かいました。


うーんとね・・・
出来は、新人公演でしたね。

やはり、本公演の方が、良かった。


ピースケ(天華えま)、華はあると思う。
歌唱力もまずまず、合格点。


最初は緊張していたのか、
足が地に着いてない感じに見えた。
幼さが垣間みえる時と、そうでない時と


スカーレットピンパーネルをしている
使命感というのが、伝わらなかった。
命を懸けてる感じが無い。



メリハリが無い。
残念です。



くらっち(有沙瞳)のマルグリットは


素晴らしかったです。


思わず、文字を大きくしました。
今回は、マルグリットを観に行ったようなものです。
本役より良いのはマルグリットだけかな


滑舌、歌唱力、演技力
全てよかった。
すぐにでもトップ娘役できますよ!!!


銀橋で「愛するのをもう忘れましょう」と
言う歌で、胸が締め付けらたと
友人のかおを言ってた。



そう、愛する人が結婚式のあと
原因もわからず、心変わりしてしまった辛さが
伝わった。


スカーレットピンパーネルを
裏切ってしまって
案ずる心情、


パーシーの正体がわかった時の
合点がいった時の演技


などなど、心情の変化のメリハリが
出来ていた。


そして、

「ひとかけらの勇気」に
感動しました。




ゆうほ(遥斗勇帆)のショーヴラン。
歌唱力はすごいですよ。
本人も自信があるのでしょう。


すごい迫力でどのナンバーも
熱唱してました。
こんなに飛ばして、最後まで持つのかなぁと



タッパもあるし、体格もしっかりしてるので
ショーヴランにはぴったり。

演技力はどうなのか?
かおも「うーん、わからない」と


かおって、的確に評価する人なのです。
外部のミュージカルもよく観てるし
宝塚の観劇回数も私の比では無い。


私たちの共通の感想は、
「うまいのかどうか?わからない」


パーシー役とショーヴラン役が
噛み合ってないのかな?


もちろん、ストーリー展開は
噛み合ってないのが面白いけど



そうではなくて、ゆうほが
主役を立たせて無いのかなぁ・・・



ただ、歌唱力の点は認める。



あやな(綾凰華)のロベスピエール。
本役より歌に不安はなかったけど
演技がおとなしかった。



ロベスピエールはやり様によっては、
本当に美味しい役です。
線が、細いのが残念。


アルマンのしん(極美慎)
姿が綺麗ですね。
演技は、まだまだ未熟だけど


パッと目を引く。
これって、天性の物。
今後、精進して頑張ってほしい。



マリーのほのか(小桜ほのか)
新人公演で主演をした経験があるので、
安定した演技。


綺麗な声です。
友人が雪組で、活躍した
ゆみこさん(彩吹真央)に似てるなあ


と言っているのを聞いてから
実力もあったのにトップになれなかった
ゆみこさんを思い出す。



あと、デュハーストの桃堂純
安心して観てられました。
やはり、組長ですね。


本公演でも目立つ様に
なりましたよね。
脇で美味しい役が回ってくるまで、
残ってほしい。





随所にみんなで考えて、
笑いを取る場面もあって
楽しかったです。



ただ、そんな時間があるなら
演技力を深めて欲しかった。





またまた、辛口になってしまった。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

みっちゃんのコンサートの感想が届きました。

みっちゃん(北翔海莉)のコンサート
『Alrai エルライ』に行ったムラの友人からの
感想が届きました。




みっちゃんはさすがでした‼
退団後の初コンサート、
全国ツアーだそうです。




初めての兵庫県立芸術劇場は
西宮北口駅近の観やすい劇場



ワクワクしながら劇場へ向かいました。

やっぱりみっちゃんは期待を裏切らない 。



ダンスも、殺陣も、日本物の踊りも、

客席登場も、手品も 全部男役で通しました。
盛り沢山の内容で大満足。




個人的にOGがすぐに髪のばして、

ドレス着て、女に変身している姿は、
好きではありません 。  


昨日は、素敵な現役そのままで、
男前でした。ひととき夢を見た感じ  




そうそう、客席最前列の端の方に風ちゃん(妃海風)が!!!

客席登場のみっちゃんがすぐ横の階段を上るときの風ちゃん
夢見る夢子さんみたいにみっちゃんを見つめてました。


みっちゃんがいじると恥ずかしそうにしてて   
その姿に萌えましたね  



北翔海莉 さんは本当に素晴らしい‼



手足は長いし、姿勢はいいし、殺陣は上手いし、 

歌唱力は、周知のことですが 、
声が素晴らしい💖


キレの良いダンス。  なんたって、形が綺麗  👍👍
その上、トークもいける😁😁




今回のコンサートでお気に入りは
1幕  日本物のダンスの場面🌟🌟
2幕  沢田研二の勝手にしやがれ




そして  ラスト  美智子のズンドコ節


バウホールのときのように振付指導があり 
客席は全員立って  踊ります。


年配の方々もとっても楽しそうに踊ってましたよ!
もちろん、私も  楽しかったです。

とにかく大満足のショーでした
みっちゃん  ありがとう



以上でした。

みちゃんは、芸達者ですからね。


星組新人公演の感想は、
忘れないうちに明日には書きたい。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年5月17日水曜日

スカーレットピンパーネル観劇 辛口です。

べに(紅ゆずる)のトップお披露目、観劇して来ました。

友人達が、言う程、歌は、下手ではなかった!笑笑

ムラの始めの方は酷かったらしいけど

成長したみたい。

しかし、顔で歌ってる。

黙って、すっと立っていると綺麗なのに

演技もワンパターンだし・・・

ただ、喜劇のセンスはあるし、確かに、面白い。

人気があるのも理解できる。


私が観劇した回は、元星組トップ娘役の

白城あやか、中山秀征夫妻が観劇に来ていて

ショーヴランをいじる所で、

「50センチの輪っかの白いドレスはいかが?」

エリザベートネタとヒデちゃんの番組

「シューイチ」とジャスチャー付きで

アドリブを入れていて、楽しかった。



あーちゃん(綺崎愛里)は、酷い!

声が綺麗ではないから、何気にでる声が

品がない。

ごめんなさい。

私、彼女はダメです。

もうこれ以上は書かないほうがいいですねー



ショーヴランの礼真琴は歌唱力で

お芝居が締まる。

もう、周りの人たちのオペラが上がりまくってました。

演技はまだ、若いなあと思える箇所もあったけど

圧倒的な歌唱力で劇場を支配してました。

やっぱり、歌劇ですからね。


カイちゃん(七海ひろき)、ロベスピエールですが、

出番も少ないので、目立たないです。

歌ももらってたけど、場をさらえなかったのが

残念です。


せおっち(瀬央ゆりあ)アルマン、滑舌もいいし

声が良い!

相手役のくらっち(有沙瞳)も可愛いです。

声が綺麗で、歌が上手い。

明日は、新人公演。

くらっちのマルグリットが楽しみ。


今回、壱城あずさと夢妃杏瑠がよかった。

壱城は背が低いなあと思うことがあったけど

なんだか大きく見えた。

夢妃はこうもりで抜擢されてから

一皮剝けたような気がします。





楽曲もいいし、

展開よくストーリーが進むので、

お客様も満足されるけど、

次回作でこのコンビで大丈夫か!と

心配の声が聞こえてくるのも

わかるような気がする。


そうそう、星組生のコーラスは素晴らしかったですよ!


ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月30日日曜日

ミリオンの卒業

4月30日宙組千秋楽。

とうとう、この日が来てしまった。

実咲凜音の卒業の日です。


花組時代はみてなかったので、知らなかったですが、

宙組に組替え、トップ娘役就任からは

ずっとみていました。



スカステでの番組で前のトップさんに

スルーされているのをみていました。

それを他の組子たち、

それこそ愛月ひかる、蒼羽りく、澄輝さやとなどが

ミリオンに助け船を出すように話しかけたり

とても痛いシーンをみていて、辛かった。

本人もインタビューで

「全然できなくて、至らないところばかり」

と話していました。

実際そうだったのでしょう。

だって、まだ、研4くらい

できないはず。



特にファンではなかったけど

だんだん、ミリオンに気持ちがいくようになり

マー様(朝夏まなと)と組んでからの

穏やかな顔のミリオンをみていて

嬉しかった。

VIVA FESTAでのディエットダンスの

幸せそうなミリオンに感極まってました。

「歌劇」やスカステでの組子たちの

インタビューでも

「いつも笑っているミリオン」

「いつも頑張っているミリオン」

というのがみんな共通の認識。

大変な時もいつも笑顔で乗り越えて来たのだなあと

励まされる気持ちになりました。

千秋楽は観劇できませんが、

無事に舞台を務めて

おもいっきり良い笑顔で宝塚歌劇団を

卒業してください。


本当にありがとう。

これからも笑顔で人生を歩んでください。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月26日水曜日

宝塚歌劇初観劇の姪の反応。

姪、20代前半。

ほとんど、海外で生活してきた。

見た目、日本人。

中身は、アメリカ人。

よく夜の日比谷の劇場の前を通るらしい。

その折に、ファンクラブの方達が、同じものを

持って、並ぶ姿を不思議に思っていたらしい。

一度、写メがラインに送られて来たことがあった。

『これは何してるの?異様なんだけど・・・』


そうよね、知らない人にはこの光景は異様なのね。


という訳で、説明するより

百聞は一見に如かず!

連れて行きました。

宙組公演『王妃の館』


姪の感想

面白かった。男役にハマる気持ちがよくわかった。

北白川役の人と編集者の早見リツ子役の人がよかった。


ショーの、客席降りをした時の

お客さんの表情がキラキラしてるのが、

驚いた。ハイタッチが、嬉しいのは

AKBみたいなんだね

という感想。



色々質問もされました。

何組があるの?、

どこの組が優れているとかあるの?

平均年齢は?

本当にキスしてるの?

どうやって、トップは選ばれるの?

何年で、トップになれるの?

おじいさん、おばあさん役は誰がするの?

などなど、質問攻めにあいました。


全員未婚の女性で、

おじいさんもおばあさんも演じるよと

答えたら、感心していました。


いろんな演目をしているので、

どれも連れて行きたいけど、

チケット代がかさむので、

一年に一回くらい連れて行こうかなぁ。


さて、王妃の館、まーさま(朝夏まなと)と

あいちゃん(愛月ひかる)がパワーアップしてました。

りく(蒼羽りく)もあのキャラが板についてて、

ショーで銀橋でウインク飛ばしてくれたのですが、

男役というか、お○まさんに投げキッスされた

ような感じでした。不思議な色気でした。

とにかく、王妃の館は

面白かったです。

客席も笑い声で包まれていました。


VIVA FESTAのプロローグ。

客席降りも楽しかったし、

前から7列で上手よりの席だったので、

花道の生徒さんがよく見えて、

ニコニコ、エールを送ったら

みんな笑顔で返してくれたり

投げキッスしてくれたり

指差してくれたり、

嬉しかったです。

よさこいもよかった。

思わず、「ソーラン宙組」と

一緒に歌ってました。

りくの牛の場面も迫力があり

宙組の男役のスケールが大きさに

ワクワクしました。

黒燕尾も素敵でした。

ミリオン(実咲凜音)とマー様の

ディエットダンスに胸が熱くなり

ミリオンの幸せがこちらまで伝わります。

もちろん、マー様の優しさもです。



そうそう、姪が

「幕が降りたら、みんな速攻で帰るのね?」

アンコールとかしないのが不思議だと言われてしまいました。

そういえば、可笑しいですね。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

さきちゃん、復帰良かった。

さきちゃん(彩風咲奈)復帰、おめでとう。

早い復帰、やはりインフルだったのかな?

風の便りで三番手羽を背負って降りてきたとか!

今回、肩からの羽だったらトップは難しいだろうと

聞いていました。

「今回の羽で将来がわかるのよ」

と私よりもお姉さん、お兄さんファンの方達が

口々に話していましたので、

気になっていました。

次回は日本青年館と梅田のシアタードラマシティの

両方での主演が決まっていたので、

もう、三番手は確実でしょとは思っていたので、

よかった。

でも、気を緩めず精進してほしい。

特に歌!

ダイモン(望海風斗)を支えるためにもね。


本日は、初宝塚歌劇を観劇する姪を連れて行きます。

宙組公演です。

どんな反応だろう?




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月21日金曜日

雪組初日ですね

さき(彩風咲奈)の初日前の衝撃の休演

代役は、ひとこ(永遠輝せあ)。

ひとこの代役がちさと(縣千)

ちさとの代役がちさとの同期の日和春磨君


この代役のチャンスをものにして飛躍してください。

スカステの初日の映像が楽しみです。

それにしてもさきどうしたのだろう?

インフル?

公式ホームページには怪我とは書いてない。



ところで、スカステの乙女ステーションという番組が

好きで、必ず見てます。

娘役さんのトークも楽しみですが、

髪型の作り方を見るのが楽しみ。

ロングセラーにしたいと思ってしまう番組です。

今回は、Vol10

星組の夢妃杏瑠さんと

下級生が紫りらちゃんと華鳥礼良ちゃん。

今回から宝塚大劇場のホールで座ってトークしてます。

この二人がが並んで座っているのですが、

りらちゃんが小さいから華鳥礼良ちゃんが

ものすごくでかく見えて

一瞬、ニューハーフに見える。

カメラのアングルも悪いと思うけど

華鳥礼良ちゃんって

大きいのですね。

隣が、りらちゃんだから余計に大きくみえる。

外出している映像は、ニューハーフ感はなく

可愛いのに

あの、黒の服とカメラアングルが

とても残念です。






ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月14日金曜日

宙組新人公演(東京)をみた

宙組「王妃の館」新人公演を観劇

総論、新人公演らしい公演だった。

これって、褒めてないです。

本公演の上級生がいかに上手いかということがわかった。


留依蒔世(北白川右京)

歌が上手い、滑舌も良く

安心してみれましたよ。

水を得た魚のようにのびのびと演じていた。

やっと得た主演だったので、

嬉しかったでしょう。

今回の中ではまずまず良かった。

コメディは、難しい中、一人よかった。


遥羽らら(桜井玲子)

声も良くて滑舌もいい。歌もまずまず

ただ、髪型が良くなかった。

なんとかならなかったのかなぁ。

本公演で子役を演じていた経験が多いので、

時々、表情が子どもっぽいのが気になった。

語学が堪能で、会社の社長には見えない。

ただの、添乗員に見えたのが、残念。


鷹羽千空(ルイ14世)

前半、地に足がついてないような感じ。

衣装と杖をどうしたら良いのか?

まだまだ試行錯誤している感じだった。

でも、歌唱力があるのが強み。

これからも精進して頑張って欲しい。



秋奈るい(下田夫)

すごくよかった。

キャラがしっかりとしていたので、

見ていて、納得もする。


妻役の天瀬はつひは、笑顔がキーポイントなのに

笑顔に見えない。


優希しおん(近藤誠)

なかなか面白くてよかったです。


愛海ひかる(クレヨン)はおかまに見えない。

可愛すぎる。

本当の女の子に見える

本役の蒼羽りくがおかま感がたっぷりだったから

役が合ってないのだろう。


瑠風輝(金沢貫一)

やはり新公演主演を2度の経験が

大きい。

しっかりとキャラも作り入り込んでる。

さすがだなあと感心。


小春乃さよ(早見リツ子)

本役の純矢ちとせと比べると

おとなしい。目立たない。



潤奈すばる(丹野夫)と雪乃かさり(丹野妻)

うーん、キャラが立ってなくて、

全く、目立たない。

本役の二人が上手いのだということがよーくわかった。



真名瀬みら(ピーエル)

本公演を観たときに

美味しい役だなと思ったけど、

思わなかった。

和希そらがチャーミングなんだなと

いうことがわかった。



希峰かなた(戸川光男)

本役を踏襲していました。

まずまずの出来かなと思いました。


華妃まいあ(ミチル)

スタイル、声も良くて

可愛かった。

応援してます。

笑顔がかわい。




前回月組の新人公演が素晴らしかったので

期待して観劇しましたが、

正直、がっかりです。


かなり辛口な感想なりました。

もう少し、詳しく書きたいのですが、

眠いのでこれでおしまい。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月4日火曜日

王妃の館観劇、楽しかった!

4月2日、

午前中は、次男の大学の入学式に行ってきました。

桜はまだ、満開ではなかったのが残念。

でも、これで一安心なので、

観劇生活を満喫できるかなぁ
(諭吉ちゃんの続く限り・・・)

さて、15時半公演を観劇してまいりました。

元星組トップスターの湖月わたるさんが

観劇に来られていました。

現役時代と変わらず素敵でしたよ!


今回は9列のほぼセンターでしたので

全体がよく見え観劇しやすかったです。


王妃は、評判通り、出演者一人一人の

キャラが面白い。

特に、まー様(朝夏まなと)北白川右京、

クレヨンこと黒岩源太郎(蒼羽りく)と

大阪弁で苦労したあいちゃん(愛月ひかる)

近藤誠(澄輝さやと)も面白かったなぁ


もちろん、真風も!

ミリオン(実咲凛音)の衣装が3通りしかなかった。

エリザベートでは20回も着替えたと聞いていたので

「落ち着いて舞台出ているやん」

などとお芝居と関係のない感想。


最初は、笑いの連続でした。

春休みなので、小学生の女の子が

周りに多かったので、

笑い声が可愛い。

そして、よく笑う。

つられて、私も笑ってました。


でも、終わりは、

ホロリとする結末でした。




アドリブもあったのかもしれませんが、

初回なので、わかりません。

千秋楽近くだともっと面白いかも


気楽に見れる娯楽ですので、

おすすめです。


ショーのVIVA ! FESTA!

客席降りがあって、盛り上がります。

2階席にも下級生が行くそうです。

マー君と蒼羽りくの闘牛場の場面は

りくが迫力があって見応えがありました。

かなりの体力がいるでしょう。

結構長いのです。


ソーラン節の場面もワクワクします。

そして、黒燕尾のダンスの振りも

よかった。

両脇から二人くらい走りながら

足を高く上げて、ポーズを取るのが

ほとんどみんな高〜く足が上がって

素敵でした。

もう、鍛錬の賜物です。



身長が高いメンバーが多いので、

他組の黒燕尾のダンスより

迫力があります。

その中で、和希そらが頑張ってますよ!

身長が低いけど、目立つ。

動きが良いので、つい見てしまいます。

他のダンスの場面でも

「小さいのに頑張ってるわ」と

つい応援してしまいます。

その後は、ミリオンとまー様の

デェットダンス。

ミリオンのまー様を見る視線が

なんとも言えなくて・・・

こちらまで、ジーンとしてしまいます。

素敵なコンビです。


楽しいショーでした。

ふた作品とも面白いので、

ぜひ観劇をお勧めします。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年4月2日日曜日

仮面ロマネスク

四月なのに冷たい雨の中

神奈川県民ホールへ

エイプリルフールネタもあった

仮面ロマネスクでした。

今回は、ゆきちゃん(仙名彩世)に

注目した観劇でした。

センターから堂々と出てくる姿。

背が低いのが、残念です。

ワッカのドレスは身長がある方が

見栄えがしますからね

声が綺麗で滑舌も良いので、

観ていても安心感があります。


みりお(明日海りお)との身長差並びも良いですね。

まずまずのコンビです。



ダンスニー役の柚香光

チャーミングです。

場をさらう程です。

やはり、目を引く、

人気があるのには、頷きます。

セシル役のしろきみちゃん!(城妃美怜)

綺麗で、華やかな顔立ちですね。

舞台栄えする。

バルモン男爵に手籠めにされた後に

会う時の表情が、辛そうなのが

ひしひしと伝わる。


トゥールベル婦人のベーちゃん(桜咲彩花)

ゆきちゃんよりは、あっさりしているけど

自然な演技に私は好感。

これは、好みが分かれるかも

良かったと言う友人と

うーんと言う友人と分かれましたね。

アラゾン役のマイティ(水美舞斗)

の笑顔にほっこりする。

もっと出番があったら良いのにと

思える存在感。

成長著しい。

カレイと同期で、出遅れたけど

ゆっくり育てて大きく咲かせて欲しい。

見守りたいです。


みりお(明日海りお)

安定のトップ。

楽しんで演じていて

余裕を感じます。

ただ、細くて心配です。


伝説のエキサイター!

真飛聖のトップ時代の花組を

観劇してなかったので、

期待してました。

客席降りもあり、大盛り上がり。

たまたま、席の後ろが通路だったので

みりおにタッチして貰いました。

小さくて、少し冷たいお手手。

あんなに動いてるのに

触れた瞬間に

どうして冷たいのだろう?

と思いました。

そして、前をみたら

斜め前に

マイティ!

思わず「マイティ!」と

叫んでしまい、両手で

お手振りしている私。

マイティも気がついてくれて

満面の笑みで手を振り返してくれました。

そしてその横には、べーちゃん!

もう、大興奮で無意識のうちに手を振ると

指差しポーズしてくれました。

もう、私、ノックアウト!

嬉しくて、キャーと雄叫びをあげてしまった。

可愛い💕

全国ツアーは客席降りが

あるので、お得感がありますね〜

さて、デェットダンスについてですが、

「歌劇」にもみりおちゃんとゆきちゃんの

対談に書いてあったのですが、

ゆきちゃんが「ガーッと踊ってしまうので、

気をつけなければと思っています」

と書いてありました。

その通り、デェットダンスは

噛み合ってないし、

しっとり感がなくて、

イマイチなのが残念です。

今後の課題ですね。

きっと克服してくれるでしょう。



主題歌が、昭和の歌謡曲ぽい。

藤井大介ショーそのものでした。

藤井先生のショーって

人気ですね。



中華街で食事をして、

興奮を分かち合い

楽しくおしゃべりして

帰路に着く頃には

雨も止んでいました。

楽しい観劇だった!




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村




2017年3月29日水曜日

星組新人公演の感想が届きました。

いつものムラの友人。

昨夜、ものすごい興奮して電話が掛かってきました。

ツイッターでも

絶賛のくらっち(有沙瞳)!

私も予想はしていたが、

かなりの高評価で嬉しかった。

そして、ムラの友人の確かな感想を直接聞けて

嬉しいし、安堵した。

そう、私、くらっち推しです。

雪組の「伯爵令嬢」での確かな演技。

役者の基本の滑舌の良さ、声の美しさ。

今回、星組に組替え、そして、新人公演の主演が決定して

喜んでいました。

そして、評判も良くて・・・

我が子が褒められたような気分。

東京の新人公演が待ち遠しいです。

運よく友の会で当たっているのです。

ワクワクです。




それでは以下が友人からの感想です。



スカーレットピンパーネル新人公演


もの凄く良かった!

客席は、大絶賛でした。

観劇前からそうなるだろうとは思ってたけど、

まさに期待以上の出来でした


天華えま
元々華があり、実力もある
歌いだしこそ声が震えていたけど
だんだんと落ち着いてきて
真ん中に立てる人だと確信した。
将来はありちゃん(暁千星)と
 共に劇団を背負っていく存在になると信じている。

有沙瞳
声が綺麗、滑舌がいい、歌が上手い
ちょっと大人っぽい顔が 
今回の作品には合っていて 
存在感のあるマルグリットだった
       終盤、見せ場の1人のソロ 
      
        『ひとかけらの勇気』は聴かせましたね
本当に良かった。星へ組み替えしてきて良かったと思います

 遥斗勇帆
この人の歌が聞きたくて、聞きたくて
絶対凄い(いいな、のレベルではない)と思ってた‼  
   余談だが、バウのカンツォーネは、

      衝撃的でした。
とにかく圧倒的な歌唱力です
滑舌の良さ、声の質、張りのある声  
        のびやかな歌声  

         そして演技も、まさに期待を良い意味で裏切った。
その上、ショーブランという適役を演じるにあたっては、
 背の高さや体格がプラスしていました。

          本当に新人公演に出る下級生なのかと思う位の存在感でした

宙組の瑠依蒔世と共に、もっともっと使ってほしいと思います
劇団にとっての宝物だと思う。


全体の評価ですが、

お芝居の中ではいろいろな場面で

笑いをとるところがあり、

どの場面もすべらず、

客席の笑いをしっかり取れてました。

これって、なかなかできそうで、できない。

今回の新人公演は大作で歌がたくさんあり、

コーラスもあり、少ない人数で民衆になったり

貴族になったり、またまた兵士になったりと

1人何役もこなしてる人もいて  

全員の力が必要な作品でしたが、

人数の少なさをあまり感じることなく

とても満足した新人公演でした   

観れて本当に良かった🌺





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月25日土曜日

マイヒーロー千秋楽観劇

マイヒーロー、23日前楽千秋楽を

続けて観劇

前楽は、なんと!最前列でした。

(当ててくれた、友人に大感謝)

もう、前過ぎて

ドキドキの観劇。

友人と一緒にハイテンションになりました。

キキちゃん(芹香斗亜)と二回もハイタッチ!

キキちゃんのお手手はしっとりとしてました。

いいようによっては汗ばんでた、(^◇^;)

フィナーレの時に客席降りの時は

大好きなちなつ(鳳月杏)とは反対側の席だったので

残念でしたが、

キキちゃん、くりすちゃん(音くり寿)とタッチもできたし

くりすちゃんが目の前で

幸せオーラをいただき

本当に楽しかった。

最前列のセンターブロック

最強でした。




千秋楽は、かなり記憶が飛んでるのですが、

最前列が男の方が多かったみたいで、

(私は一階の後ろ)

あまり盛り上がってなくて

そうなると演者も盛り上がらないみたいです。


最後のカーテンコールで

キキちゃんが、

「梅田に来てくれるかな?」

と言ったら

会場「いいとも!」

と右腕上げる!

タモリの「いいとも!」がまだ健在でした。

何気にみんな言ってるところが

笑えるし

タモリの「いいとも!」が最強なんだと

改めて実感。


立ち見も出ていて盛り上がった

千秋楽でした。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月19日日曜日

グランドホテル役替わりを観劇

パルシステムさんの貸切が当たり

またまた、日比谷へ


今回は、

フラムシェンを海ちゃん(海乃美月)

ラファエラをありちゃん(暁千星)

エリックをアーサー(朝美絢)


海ちゃんのフラムシェンも可愛かったですよ。

滑舌がわかば(早乙女わかば)より良いので

セリフが明瞭で聞きやすかった。

思ったより、愛らしくて

期待以上でした。

色気はないけど

これはこれでいいなと思える演技でした。


ラファエラのありちゃんは

早口のところの滑舌が

いまいち。

舌を噛みそう。

これは、アーサーの方が一枚上かな

でもよく頑張ってました。

歌も高音が伸びていて成長してます。

彼女はいずれトップ候補ですから

いろんな役で修行ですね。



エリックのアーサーは安心して見てられました。

この芝居で、幸せの象徴。

未来を感じる役を卒なく演じてました。

雪組への組み替えが決まっていますね。

いなくなるのが、寂しいです。




グランドホテルは、映像DVD、CDも

発売されない。

良い作品だからもったいない。

発売しないかなぁ

ミーマイも昔は発売されなかったけど

著作権が切れたのか?わからないけど

解禁されている。

グランドホテル、回数見たくても

チケットが手に入らないし・・・

もう一回、観れないかな

とつぶやいたら

チケットが舞い降りないかなぁ



ところで、

前回、観劇した時にも感じたのですが、


今回は後方席だったので、

みやちゃん(美弥るりか)はオペラが上がるけど

たまきち(珠城りょう)に上がらないのが、

よくわかる。

本人もわかってるだろうなぁ

なんだか切ないなあ

人気商売だから仕方ないけど

どうして、たまきちを先にトップにしたのか?

未だに解せない。

東京は今回、グランドホテルだから

完売だけど、

次回作が面白くなかったら

チケット売れないだろうなぁ

なんだかんだと言っても

トップさんの責任を問われるからね

劇場に人が来ないと

近隣のお店にお金を落とさないから

ムラなんかは、厳しいだろうな


頑張ってね、たまきち!




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月17日金曜日

マイヒーロー初日観劇

ちなつ(鳳月杏)に会える!と赤坂へ

いそいそと行ってきました。

二階席最前列でしたので

舞台全体がよくみえました。

斎藤先生らしい、

スクリーンでの

出演者紹介です。

風の次郎吉を思い出しました。

今回は、アメリカが舞台です。

だからか、みんなテンション高い!

ちなつは、違うけど(役的に)


ここからは、かなり、めっちゃ

ちなつ寄りの

感想です。


とにかく、ちなつがかっこいいのです。

スタイルが抜群だから

普通にジーパン履いてるだけだけど

つなぎ着てるだけだけど

フィナーレでベレー帽被ってるだけだけど

もう、素敵で!

申し訳ないけど、キキちゃん(芹香斗亜)は、

ちなつと並ばない方がいいと思う。

色違いで、アクションスーツを着て

踊りますが、足の上げ方とか

比べてしまうので・・・

(キキちゃん、好きですよ)


ちなつ、歌もソロが3回くらいあって

見応え十分です。

ファンとしては本当に嬉しい。


ちなつの妹役(セーラ)がたまごちゃん(茉玲さや那)

めっちゃ、可愛いです。

以前から好きな娘役さんの一人です。

たまごちゃんになりたい。




さて、

主要なメンバーの感想です。


くりすちゃん(音くり寿)は

元気な女の子ですが、

実は心に傷(トラウマ)を持った大学生。

ほとんど、車椅子に乗っています。

そして、座って歌うのです。

座った状態では声が出にくいはずだけど

上手いです。



もう一人のヒロインの

きわちゃん(朝日希和)は

ずっとテンション高いです。

キキちゃんのマネージャーになって

なんとかスターに返り咲くように頑張る

憎めない女性です。

ここまで、テンション高いと疲れるだろうな



今回の公演は

本公演ではセリフももらえない生徒さんも

たくさん、セリフもあって

生き生きと演じています。

発見が多かったです。


ことり(夏葉ことり)、

キキちゃんに振られる

太った冴えない社長の令嬢。

その後は、元5レンジャーのピンク担当の

おばあさん役。

妙に気になる。

何もしてなくてもコメディ。

この5レンジャーの中で一番目がひく。

次回から本公演でも探すかも 笑



たそ(天真みちる)とえみ(乙羽映美)の

息子役のせな(矢吹世奈)が

映画に出演して演技をする場面ですが、

下手さ加減が、面白かったです。

笑いを取ってました。

私もここは笑いました。



たそとえみちゃんの演技が

大げさで、笑っている人もいたけど

私は、全く笑えず、

ちょっと、笑かそう感で

引きます。

これも回を重ねると改善されると思う。



面白いとツイッターで書かれていますが、

笑っているのは、一部のファンだけだと

私は思います。

すごい、笑っているのが

???不思議なくらい


もちろん、マイヒーローは面白い作品ですよ。

多分、笑いを取ろうとする人が多すぎる。


最後に

主役のキキちゃん、

本当に彼女にしたら

真価が問われる公演です。


くりすちゃんをお姫様抱っこして

現れる所とか素敵だけど

それも消される


キキちゃんが主役なのに

散漫とした感があります。

演出の問題なのでしょう。

ちょっと残念。




次回は23日千秋楽のマチソワを観劇予定です。

変わってるといいのだけど・・・

ちなつファンとしては

見所満載で満足ですけどね。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村



2017年3月15日水曜日

グランドホテルを観劇して来ました

やっと本公演を観劇。

先に新人公演を観てしまうと

本公演のお姉様達の演技が

さらに素晴らしく見える。

さて、3月14日ホワイトデー。

かなりお得なお席でした。

前から6列S席通路側

通路挟んで隣はSS席。

お得だし、前を遮るものもないので、

大満足の観劇環境。

譲ってくれた友人に感謝です。


元星組トップの湖月わたる、

元雪組トップの水夏希さんが観劇に来てました。

もう一人、いたけど誰か見えなかった。

あとモデルの押切もえさん(多分)・・・

前の席は、華やかです・・・



さて、公演の感想。

たまきち(珠城りょう)は体格も良くてスーツが似合う

素敵な男爵です。

歌唱力も感動するほど良いというわけでもないけど

卒なくこなしてました。

フラムシェンと踊っている時の

背中に ドッキっと

してしまった。

演技も上手いから

あとは、もう少し、メイクを研究したら

ファンも増えると思うな。

頑張れ!たまきち。


チャピ(愛希れいか)のグルーシンスカヤ

39歳と39ヶ月。

旨いね。本当に感心した。

もう、トップ在年4年?

貫禄もあるけど、新鮮さもまだある。

たまきちをそして、月組を支えてください。



オットー、みやちゃん(美弥るりか)の

クタぶれた簿記係。

最初の、疲れ切ったおじさんから

だんだんと元気になっていくオットーが

魅力的に見えてきて

フラムシェンが最後に付いて行こうと

思うのも頷ける。

素敵な人の良い紳士に変身していくのが

グランドホテルのマジックだったのかなぁ。

男爵に出会って、株に投資してお金を得ただけでなく、

男爵に魔法をかけられたような

オットー。

最初は不幸なおじさんが

最後には幸せを感じる紳士に変身。




男爵は思いがけない亡くなり方。

最後に真実の愛に出会っただけでも

良かったのかな・・・


そして、グルーシンスカヤも・・・
ちょっと考えさせられる。



フラムシェンは役替わりで、早乙女わかばちゃんでした。

可愛かったですね。

彼女の持ち味は、とにかく

パッと明るい。

この役にぴったりです。

でも私は、新人公演で演じた

結愛かれんちゃんの方が好きかな。

顔が好みなのです。


わかばは、たまきちと同期。

二人で踊っている時の

たまきちの笑顔が

愉快そうなのです。

こちらも楽しくなります。


ラファエラは役替わりで、

アーサー(朝美絢)でした。

まず、美人!

歌も上手くなりましたね。

心の中にグルーシンスカヤを

愛していることを隠している役。

静の演技。難しい役どころだけど

グルーシンスカヤを見る視線で、

気持ちが伝わります。


あと、特筆すべきは、

とし(宇月颯)の運転手。

出から品のない一癖も二癖もある人を

的確に演じてます。

滑舌、声も通るので凄みもある。

期待を裏切らない役者さんです。

「取って来ちゃいなさいよ」

なかなか言えない台詞ですね。


夏美ようさん、華形ひかるさん、

二人とも脇をしっかり締めてます。




楽曲も良く、舞台上でチャールストンを

踊る場面や

常に舞台脇に出演者が座っていて

お話が進んでいく、不思議な演出です。

後ろを向いて踊っていたりと

主要メンバー以外は

目立たないけど意味があるのでしょうか?

トミー・チューン氏さん。

・・・意味あるのでしょうね。



カルーセル輪舞曲、

楽しかった。

真っ白のオープニングから

始まって、いろんな場面がありました。


とにかく、チャピが上手いですね。

ダンスもタッパがあるので、生える。


ありちゃん(暁千星)のダンスは生き生きしてて

素敵なのですが、黒燕尾のところでは、

バレエが出ていて、まだまだかな

やはり、上級生の黒燕尾は素敵。

としとか光月るうさんとか

型がしかりしてる。


主題歌の「カールセルカルーセル♪」

と歌いながら家路を帰りました。

あともう一回、観る予定です。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月10日金曜日

月組新人公演観劇

グランドホテル新人公演観劇してきました。

うん十年ぶりの新人公演です。

そして、
本公演を観る前に新人公演という

逆パターン!

が、しかしレベルの高い内容で満足しました。

関心したのが、フラムシュン!

結愛かれん

なんとも愛らしい娘役の登場!
トップ娘役候補ではないでしょうか?
華があってチャーミングでした。


これから注目されると思います。


主演のルネ(夢奈瑠音)
歌唱力があるので、
危なげないです。

お顔が小さいのです。


だから、オットー役の
風間柚乃が顔が大きく見えました。

ちょっとかわいそうですね。
でも、頑張ってましたよ。


グルーシンスカヤの海乃美月は、

39歳の落ちぶれたバレリーナの役が似合ってましたね。
もともと、華がある娘役ではないので、(ゴメンね)
歳を重ねた女性に違和感ないです。

これ、褒めてます。笑


それより

本公演の海乃のフラムシュンがどうなのか?
興味あります。


大好きなレンコン(蓮つかさ)の
ラファエラですが、
イマイチだった。

どうしたのか???レンコン。

緊張してたのか?

確かに難しい役どころらしい。

過去にグランドホテルを20数回観劇経験の友人も
「あれは難しい役だから、仕方ないけどな」

とレンコンを擁護してたけど

それでも歌の伸びがなかったような気がする。
期待しすぎだったかな?


サンダー役の佳城葵

うまかったですよ。
いつもながら味のある演技です。
脇でこのまま順調に育ってほしい。

脇役って本当に重要だから


運転手役の輝生かなで

これも下級生には難しい役。
本役のとし(宇月颯)が評判がよくて
どうだろうかと?

うーん、卒なく演じてたかなぁ
とにかく男爵が嫌がる、品がなくて、
一癖も二癖もあるには
見えない

この役に抜擢されたのには
演技の幅を広げるためでしょう。

今後に期待します。


春海ゆう

本役が華形ひかる
社長のヘルマン・フライジング

頑張ってましたよ。
最後の挨拶がすごく立派でした。



颯希有翔

いつも下手に座っている
一風変わったドクター役
歌を常に歌っているのです。

なかなか、良かったです。
歌唱力も遜色なく、舞台を締めてました。


全体的に歌唱力が安定していて
観ていても危なかしくなくて
レベルの高い新人公演だったと
思います。


本公演を観るのが楽しみになってきました。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村









2017年3月9日木曜日

ダイモンのプレお披露目が琥珀!

次期雪組トップコンビの発表

望 風斗と真彩 希帆。

まーわかってたので、驚きはありません。

おめでとう!

歌が上手いコンビですね。



そして、プレお披露目が

あの、あの「琥珀色の雨にぬれて」
柴田先生の作品です。


ちょうど、友人と柴田先生の作品は
もう、現代には合わないのではないか!
と激論(そんなことはないか)したところ。


先日の宙組の「バレンシアの熱い花」のストーリーが
もう、受け入れられないという
世代が多いよという話をしていました。


今回の琥珀はどうだろうか?
ストーリー展開は受け入れられるか?
これはわからないです。



ただ、

星組、柚希礼音主演の「琥珀色・・」を観劇した時に
脇のジゴロ役が幼くて、学芸会を観ているような
苦い思い出があります。


厳しいコメントで申し訳ないですが、
やはり下級生にあのジゴロ役は厳しい。


今回の雪組公演、楽しみなような
怖いような複雑な心境です。



でもダイモン(望風斗)の希望だろうから

観に行く・・・よ!

結局、なんだかんだと観に行きますけどね





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月8日水曜日

まーくん(朝夏まなと)の退団

昨日、まさかのまーくん(朝夏まなと)の退団発表。

みんな、なぜ?ミリオン(実咲凛音)と一緒じゃないの?

ミリオンがもう一作残って、同時退団すればいいのに

という声が聞こえてくる。

仲の良い二人だから一緒に卒業と思うけど

色々あるのだろう。

ミリオンはエリザで退団したかったのに

劇団に引き止められたとか

という噂も聞いたけど

本当のところはどうなのかは、

本人のみが知るところ。

でも、あーでもない、こーでもない

と噂するのが、ファン。

結局のところは、受け入れるしかないし

卒業というシステムがあるのが

宝塚の良さだしね


早速、真風の相手役は誰だ?と

噂話が絶えません。笑


ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月6日月曜日

雪組退団者に思う

こんなにたくさん

退団するのか!


早霧 せいな -すでに発表済-
鳳翔 大
香綾 しずる
桃花 ひな
星乃 あんり
咲妃 みゆ -すでに発表済-
蒼井 美樹


公式のホームページからです。

雪組は、歌が弱い。
と私は感じてます。



その中で、ダイモン(望風斗)以外では、
がおり(香綾しずる)くらいかな
脇で歌えているのは、



そのがおりが卒業とは!
好きだったのになあ
嘆かわしいわ。
残念で仕方ない。


残っているので、歌唱力があるのは、
あすくん(九城あす)、女役ならヒメ(舞咲りん)
くらいかなぁ???


彩凪翔、彩風咲奈、この二人が
弱いのが辛い。


月組からアーサ(朝美絢)が来る。
アーサも歌唱力は強くなかったけど
まさお君(龍真咲)の下で鍛えられたので
まあまあ。

期待されるよね?



ダイモンの下で雪組生の歌唱力が上がってくるのを

期待しよう。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年3月4日土曜日

チャピが男役???

3月3日はお雛様

うちは、姫がいないので

忘れてたのですが・・・笑

宝塚の公式ホームページで

いろんな発表がありました。

月組のALL FOR ONE

三銃士のお話を小池先生が脚色をして、

脚本、演出。

主な配役の発表で、

『え?チャピ(愛希れいか)がルイ14世???』

男役なの?と

しばらく、理解不能。

ムラの友人に電話で

「男装の麗人に決まってるやん!

何年ファンしてるの!」と

一喝されました。(^_^;)

そう、そうよね

ダルタニアンは、ブルボン王家を揺るがす王の秘密を知ってしまう…。

公演解説の一文です。

ルイ14世が女だったという秘密ということですね

もう、ネタバレしてる 

チャピの男役時代を見てないのですが、

男役時代の映像を見ていると

サマになってないですから

見たくないようなみたいような

娘役として可愛いチャピに慣れてしまったので

複雑。

でも、舞台経験も豊富。

きっと素敵な男装の麗人、ルイ14世を

演じてくれると信じてます!



宙組の振り分けが決定しました。

まー様(朝夏まなと)組は相手役になりそうな娘役

うらら(怜美うらら)と

私の一押しのまいあちゃん(華妃まいあ)

ショーだから相手役という感じではないかもしれないけど

まいあちゃんは歌えるので、

みんなに注目してもらったらいいなぁ

スタイルも抜群で、何と言っても

笑顔が本当に素敵なのです。

今から楽しみで仕方ない。




ずん(桜木みなと)主演のバウ

星風まどかちゃんとのファンタジック・ラブコメディ。

こちらも楽しみ。

でもね、一抹の不安があります。

こけないでよ!正塚先生

この先生の作品は

セリフが「あ」とか「うん」が多い。

ちょっと眠い作品もあるので

心配です。

ずんちゃん、応援してるので

良い作品になりますように祈る。


巴里祭は真風。

行って見たいなあ

留依蒔世が出る。愛白もあもでる。

この二人好きなのです。

チケットより財布が厳しいから

無理だろうなあ・・・



ファンって

チケットを取るのも大変。

財布も厳しいのが

まずは、チケット取得に

パワーを割かれる。

しんどいけど、なぜか頑張れるから

不思議である。

やはり好きなことは苦にならないということですね




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村