2017年10月16日月曜日

はいからさんが通る観劇!

花組『はいからさんが通る』を観劇するために遠征してきました!!!!!


もう、笑いあり、キュンキュンあり、涙ありと小柳先生の脚本力に脱帽です。


大好きなちなつ様(鳳月杏)に会いにワクワクしながら新幹線に乗り、梅田へ行ったかいがありました。


1幕は、ちらっと出てくるだけで、場をさらいます。(笑いを取るとも言う)脚が長くて、絵になる。必要のない場面ですが、小柳先生の愛を感じます。だって、この場面がなかったら、プロローグだけですからね。

本当、うかうかしていると見逃すかも・・・


とにかく、小柳先生、ありがとう。


2幕からはたくさん出番があります。お笑い担当???いえいえ、それだけではないです。



「全部忘れさせてやる」と言って紅緒さん(華優希)を抱きしめるシーン。華ちゃんがすっぽりとちなつ様に抱かれている・・・(華ちゃんが小さくて可愛い。)


羨ましい限りでございます。


素敵です。本当に絵になる。でもこのシーン、まぶたに焼き付けたくても、一瞬で暗転になるのです。


あと、1秒でいいから観ていたい。そう、私の妄想用に記憶を定着させたいです。


ちなつ様、ソロで歌います。これが切なくて、涙しました。この歌、カレイ(柚香光)も歌いますが、初見では、同じ曲だと気がつかなかった。笑 2回目で気がついた。


同じ曲だ!



さて、他の出演者についてコメントします。


カレイは素敵でした。本当によかったです。一幕で、紅緒がお爺様のお皿を割って、喧嘩するシーンがあるのですが、ここで、紅緒が怒って行ってしまう所で、


伊集院少尉役のカレイが自分の思いが紅緒さんに通じてないことに、辛くて、もどかしい表情をするのですが、ここが、胸キュンでした。


私、カレイにやられました。


もう一人の私が、「ちなつのファンですよ!」と囁いてくれて、我に帰りました。


うっかりした。いかん!


でもね、素敵なものは仕方ない。(どないやねん)


華ちゃんは熱演でしたね、前楽を観劇した時には、セリフを3回ほど噛んでました。
かなり感情が乗っていて、言葉がついていかない?


表情がコロコロ変わって楽しいです。ブサイクに見えたり可愛く見えたり
白無垢姿の時は、凛として美しく上手いなあと思いました。


とにかく、いい役です。(違った意味でも)



英真なおきさんの少尉のお爺様、可愛いし、上手いのは当たり前ですが、漫画のイメージを損なわないお爺様でした。


芽吹幸奈さんの少尉のお祖母様、原作ではふっくらとしたお婆さんで見た目は違いますが、声が優しくて、これまた、イメージ通り。


牛五郎役のたそ(天真みちる)、密かに楽しみにしていたのです。
たそ、楽しそうに演じてました。毎回アドリブをしているのでしょうね、前楽では拍手喝采の場面がありました。


如月役のゆめさま(鞠花ゆめ)も笑いを取るシーンがあります。私のお気に入りは、はたきをパタパタ、パタパタとしているだけのシーンなのですが、音のリズムがおかしいのです。


紅緒のお父様役のるなっち(冴月瑠那)も威厳と優しさが出ています。ダンサーだけでなく演技も達者になったなあと感心しました。


ベーちゃん(桜咲彩花)の芸者の吉次さん、気っ風うのよさがしっかり出ていてさすがです。


りりかちゃん(華雅りりか)のラリサ、出番は少ないけど、いい役です。声が綺麗でしたが、原作の髪型だと思うのですが、似合ってなかった。そこが残念です。



マイティ、(水美舞斗)鬼島軍曹、戦場で、伊集院少尉がやられるシーンで絶叫するところが涙を誘います。
8巻あるのを短縮しているので、鬼島軍曹と環の恋模様のシーンはなかったですね。



矢吹世奈の印念少佐もうまかった。楽しそうに演じてましたよ。
キーマンなので、思い切って悪く演じてくれてよかったです。


しろきみちゃん(城妃美怜)も美しくてぴったり。



舞月なぎさと和海しょうがいろんな場面でいろんな役をしてました。どれもうまかった。


下級生では、峰果とあちゃんが上手い。すみれ組と名乗っているヤクザの3人組の兄貴役が面白いのです。毎回3人でアドリブを考えているような感じ。
二幕では紅緒をおとしめる悪役をしていますが、顔がちょっと大きいの(失礼)が幸いで、ドスが効いていて強そうでした。



もう梅田は千秋楽で、これから日本青年館のみ


あっという間に終わるのだろうね。
DVDの発売もないらしく、残念です。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年10月8日日曜日

月組が終わった!

本日、10月8日月組『All for One』の幕が降りた。


千秋楽は観劇してませんが、土曜日にチケットが舞い降りて、観劇してきました。
やはり、一番充実している組です。


チャピ(愛希れいか)の充実ぶりが凄いです。
「主役はチャピ」という人もいるくらい。好きだから嬉しいです。


たまきち(珠城りょう)の歌唱力がもっと向上してくれることを願うわ。


1本物だけど、テンポ良く話が進むので飽きずに観れる。やはり、脚本がいいのでしょうね。レイピアの振り付けも3人の先生にお願いしたらしいので、そこもよかったのでしょうね。個性のある殺陣だった。


最後まで、怪我なく千秋楽を迎えられてよかった。


月組が終わって、寂しいけど、梅田では花組の「ハイカラさん」が開幕して、心がざわざわしてます。


前評判通り、面白いらしい。早く、観劇に行きたい。編集長のちなつ(鳳月杏)に逢いたいです。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

星組の感想が届きました!

いつものムラの友人から星組の感想が届きました。


 『ベルリンわが愛』  早くも2回観劇しました。


まず、ベルリンについて

『邪馬台』、『ネモ』のあとなので......比べると、まだ話の展開は分かりやすく、寝てしまうようなことはなかった。



印象に残った場面  役  セットについて


お芝居冒頭で、娘役が銀橋にズラリ並んだ後に舞台へ という場面がある。



凄く綺麗で豪華で、見応えがある。そして舞台にはスタイル抜群のダルマ姿の男役がスタンバイしています。皆んな背が高く、脚が長くて綺麗で美人ばかり



この場面だけでも来て良かったと思えるほど素敵です。


2番手カップルが爽やかで良い。


2人とも声が綺麗で滑舌が良く、ラブラブな雰囲気が良い。


特に有沙瞳がとても可愛い。組み替えして役割が大きくなり、阿弖流為を経て大きく成長したように見受けます。


せおっち(瀬央ゆりあ)が、 明るい青年を好演しています。『阿弖流為』の田村麻呂を経て、役割が増えています。田村麻呂がすごく好評でしたからね。ファンとしては嬉しい限りです。



卒業するガッツ(壱城あずさ)。最後なのに、役的には物足りないです。もっといい役なかったのか!  出番も台詞も少なく、残念です。



ナチ親衛隊  8人かな!?カッコイイです。 ナチなので無表情だが、動きがシャープで振付が、キビキビしてていい感じ


朝水りょうが気になる存在です。



ラストシーン のベルリン駅のセットが良く出来ています。



『ブーケ  ド  タカラヅカ』


期待したほどではなかった...残念。お馴染みの曲がたくさん使われているのに、ぐっとくる場面がない。何故か  わからないけど......



中詰  セマニフィーク、衣装と曲がアンバランスに感じた。



この場面は凄く期待してたのに、逆にガッカリしました。


客席おりもない→盛り上がらない



スパニッシュの場面、普通すぎてすっと流れてしまう。紅さんが銀橋で歌う曲がいまいち


そして、花夢幻  私の大好きな曲です。名曲中の名曲でまさかの3組デュエット!


発想は斬新で、衣装も素敵でしたが...


凪七、七海、礼の男役3人がこの場面に出てるのでその前の男役大階段がいつもと違う演出になってる



花夢幻でかちゃ(凪七瑠海)を歌手に使うより、歌だけなら、遥斗勇帆君のカゲソロ(妄想)でやって頂いて、かちゃにはその前の男役の大階段で、男役を従えて真ん中でバリバリに踊ってもらった方がいいのではないか? 残念だ。



今年は、本当に不作ばかりで悲しい。ショーで良かったのは、ビバフェスタとサンテ位だ。ショーがよければ芝居がイマイチでもリピートしようと思う。


ショーが良くないとせっかく取った、チケットも処分しよかな?となる。ショーの主題歌も大事で、帰路につく時に、頭の中で曲が回ってくれると楽しい気分になる。




作曲家の先生に是非ともいい曲を書いて頂きたく思います。



とはいえ、星も幕が開いたばかり、チケットあと5回位ある。


舞台生き物。生徒の皆さんの頑張りで日々良くなっていくことを期待するばかりです。



と星組さんの感想でした。

ベルリンは面白そうですね



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月28日木曜日

沙央くらま退団!

コマ(沙央くらま)が、次回雪組公演にて、卒業すると発表されました。


やっぱり、古巣の雪組で卒業するのか!
月組には、唯一の同期まゆみ(綾月せり)がいるけど
やっぱり、雪がいいか!


コマは、雪組時代の新人公演でベルばらでは主演のオスカル、エリザベートでは主演のトートに抜擢されていた。


そのまま、路線でトップスターになるのかなぁと思っていましたが、ちぎ(早霧せいな)が来て、路線を外れてしまった。


コマちゃん、腕が、短いのよね。外見はやっぱり、ちぎの方がよかった。


本人的にはトップなんて、目指してなかったのかもしれないけど、ロミジュリの乳母役はショックだったのかな?ちぎが、マーキューシオでどうして、私が乳母?というのもあったのかな?



生の舞台は観てないのですが、映像で見た時に期待外れでがっかりしたのを覚えています。

もっと歌えると思っていたので、どうしたのかなぁという感想を持った。


月組に移動になってからまさお(龍真咲)と仲良しというのもあって、楽しそうに舞台を勤めていたので、安心していました。


専科に移動になって、今後も残っておじいさん役や、おばあさん役なども演じれる役者を目指すのか?ある程度になったら卒業を選ぶのか?


どうするのかなぁと思っていました。


卒業を選んだのですね。


この頃、専科に残り続けようと思う人はなかなかいないのが、心配です。


コマちゃん、卒業は、残念だけど、暖かく、見送りたいと思います。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月21日木曜日

キャプテンネモの感想が届きました

ムラの友人
キャプテンネモをマチソワで観劇したそうです。


感想が届いたので、アップしますね。



キャプテンネモ


ヅカファンだからこそ言わずにいられない     辛口です





結論から言うと残念でした💦





 生徒は頑張ってた。だけど、全然面白くない!


話がつまらない
音楽、歌詞も曲もよくない


何度かある長めのダンスもいまいちワクワクしない


曲が良くないのか、振付なのか?もう一度見てみたいと思えない。



お話の焦点は何なんでしょうか?



事前情報なしで観劇していたので、帰宅してチラシを読んで



ああ、そういう話だったのかと...


でも、チラシ記載の内容と現実の舞台に乖離があると思います



類稀なる英知をもって地上の楽園を創り上げようとした孤高の美学 云々】

 う〜ん  う〜ん  そうだったんだ!!!


おまじないみたいな台詞をインドのお姫様がいうのですが、


このお姫様の役割は何❓


娘役さんが何人もうっとりした顔でネモ船長に絡むシーンが、カリスマ教祖に堕ちた信者みたいでした。


恋愛についても、え、そうだったの❓
一緒に死を選ぶほどの関係にいつのまになっちゃったの❓







納得できない感、山盛り


ネタバレも、え、そういう展開❓
色々なエピソードを入れ過ぎて、話がややこしい


要は、この話の中心は何かが、よくわからなかった。


消化不良で   モヤモヤ感だけ残る
本がよくないのでしょうね



本はさておき、


光ってた生徒さん、野々花ひまりちゃん
容姿、声、ダンス、演技すべて良い。華やかさがある  これから楽しみ


誰かわからないけど、カッコイイ男役がいると思い、
帰宅後乙女で確認。


彩海せら君でした。
ダンスに惹きつけられ、オペラで覗いてみて


お顔が綺麗、声がいい、滑舌いいなと
可能性が凄く感じられた



最後に  さきちゃん(彩風咲奈)


ストーリーはさておき 素敵な船長さんでした。



背が高い  手足が長い  足が細い。優しくて甘い声  目が優しい


私見ですが、峰ちゃん(峰さを理)に似てると...
哀しみのコルドバのエリオが見たいと思わせる
2枚目でした。


これからも頑張って下さい



以上でした。


私は、今回は、観劇しませんでした。
チケットも余っていたようですが、、、





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月17日日曜日

月組新人公演の感想が届きました。

久しぶりにムラの友人から東京月組新人公演の感想が届きました。




レンコン(蓮つかさ)の新人公演、幸いにも宝塚と東京 両方観劇できました。
宝塚でも充分な出来だと感じたが、東京は余裕もでき、安心の出来栄え。


レンコンの魅力は、 声の質、歌唱力、滑舌の良さ。


背も高いだけでなく、手足が長い。そしてイケメンだ !
心配だった挨拶も立派でした😁



どうして今まで主演がまわってこなかったのか?
実力は絶対にある‼️


何か遠慮してる感とか、自信なさげなところが運を逃してたのかしら...



ありちゃん(暁千星)という絶対的なスターがいるので不運というしかないが、これからはもっともっと輝いていくであろうスターだと確信している。



遠征ついでに翌日、本公演を観劇した。
宝塚の時よりも全体的に、ものすごく良くなっていた。


組としての一体感、立廻りのテンポの良さと迫力 (たまきち頑張ったね)


レンコンも今回の新人公演を経て、ひとまわりもふたまわりも大きくなったように見えた。

特に、フィナーレの男役ダンスが、男前でキレキレでカッコよくて目が離せなかった。



再び、新人公演の話にもどると、
今回の作品は何と言っても立廻りが難しい。
何度もおおがかりな殺陣がある。


月組の下級生だけでの立廻りが、できるのだろうかと思っていたが杞憂だった。
遜色ない 出来栄えで、感心した。


どれほど練習したんだろう...


全員が頑張ったのだなと思います。


月組の下級生男役は粒ぞろいで目がいくつあっても足りなーい。 
だから、新人公演が楽しみでたまらないのである 。
観劇できて良かった。



主役級のメンバー以外では

佳城葵、音風せいや、蒼真せれん、英かおと、蘭尚樹、 空城ゆう、
天紫珠李、彩音星凪、蘭世惠翔 などが目立ってました。


これ程、揃ってる組はない。
これからの月組 ますます楽しみです。



以上が感想でした。


私は、この日の本公演を観劇しました。
初日よりもさらにパワーアップした立ち回りに


感心しきりでした。


笑いの箇所が、ほんの少しだけど初日と違いました。
その日の演者の間や、観客のつぼが違うと笑いどころが違うのだなあと
感じました。


新人公演も観劇したかったなぁ。
とても完成度が高い新人公演だったようですね。


月組は下級生でもしっかりしているという感想を持っている友人が多いです。


なぜだろうと思っていました。その訳が



今月の「歌劇」の専科部屋で汝鳥伶さんと轟悠さんの対談で語っています。


轟悠さんが月組下級生時代の上級生を


「皆様、それぞれキャラクターも濃くて個性もおありで。ご自身の主張をきちんとなさる。それだけプライドや責任感をすごくお持ちでした。」


と話されています。


今でも、この手の話は月組に移動された生徒や、月から他の組に移動した
生徒がよく話しています。


今も脈々と続いているのでしょうね。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年9月10日日曜日

琥珀色の雨にぬれてを観劇

だいもん(望海風斗)の出身地神奈川県の相模大野公演を
観劇して来ました。


だいもんは横浜出身です。


琥珀、だいもんにあうのかなと心配していましたが、
無垢な好青年を難なく演じていて、驚きました。


だいもんと言えば、アルカポネ、ドンジュアンの印象が強すぎて
クロードのイメージがなかった。


素敵でしたよ!
シャロンに恋する瞳にキュンとしてしまいました。


きいちゃん(真彩希帆)のシャロンも健闘してました。
タッパがあるので、ドレスがよく似合ってました。


しょー君(彩凪翔)のルイ。育ちが良さそうに見えて、
ガツガツ感があったほうがいいような・・・


星南のぞみのフランソワーズ、これね、すごい難しい役だと思う。
以前、演じてた遠野あすかが、上手かったのだと再認識。


まなはる(真那春人)ミシェル、フランソワーズの兄。
好青年を卒なく演じてました。



"D"ramatic S! だいもんが1人頑張ってる感じ。
ちょっと辛辣ですが、他が下手すぎる。
だいもんが1人際立ってました。



しょー君、まなはる、かりちゃん達が、歌が弱いから
だいもんとの差が際立つ。


このショーはちぎ(早霧せいな)のさよなら作品で、
あまりにも再演するには早すぎると友人たちが口々に言っていました。



衣装もほぼ、同じらしく、ちぎか?と思ってしまうらしいです。
他の作品にできなかったのか?と言っていました。


だいもんはすごくよかったですよ。
歌唱力が抜群で、トップですという感じ。


ちぎは、歌唱力が弱かったので、みんなで一つのショーを作ってる。
今回は、だいもんが1人でショーを成立してる感じでした。


いいことなのか?どうなのか?
わかりませんが、早く雪組全員集合した舞台を見たいと
思いましたよ。


それにしても今回の琥珀のメンバーが弱すぎて、
ひとこ(永遠輝せあ)だけでも琥珀に入れて欲しかった。


叶ゆうりも欲しかった。
星南のぞみじゃなくて、野々花ひまりでもよかったのでは
ないだろうか?と書きながら欲が出てくる。笑


とにかく、だいもん!トップ就任おめでとうございます。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村