2017年12月16日土曜日

日経トークスペシャルに行ってきた。

日経ホールで開催される、友の会限定のトークスペシャル。
初めての観劇でした。


星組の夏樹れいちゃん、極慎くん(きわみしん)と星蘭ひとみちゃん(せいら)
夏樹れい君は全身白いお洋服でした。


この3人の共通点は極真空手だそうです。


え?せいらんも?と思いましたが、
お兄さんが習っていたそうです。


夏樹れい君はお父様が習っていたとのこと。


きわみしんだけが本人が習っていたそうです。

この芸名は、極真空手からだったのかと合点がいきました。
良い芸名ですよね。



きわみしんは緊張していたのか、トークが詰まることが多くて、
司会の竹下さんや夏樹れい君のフォローが必要な場面が多々ありました。


せいらの方が、まだ、話せていたような気がします。


せいらはニックネームがないので、「まゆ」と呼ばれたいと話してましたよ!
さて、定着するかな?


せいらは今年に入ってから、男の子役ばかりで、つい「お手手がグー」になると話していたのが、可愛かったです。


そして、せいらのことを『なかなか、努力家さん」だと夏樹れい君が話してました。
私「へー」と感心。
彼女を見る目が変わりました。



3人とも、生で見て、「美人さん」だなあと改めて思いました。

とても、綺麗でした。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年12月12日火曜日

雪組、ひかりふると月組アルカディアを観劇してきました

所用があり、関西へ

ついでに?宝塚へ観劇に寄った。
雪組「ひかりふる路」と月組『アルカディア』を観劇。


「ひかりふる」は、噂で素晴らしいと聞いていたので、期待して観劇。


初っ端な、ルイ16世が処刑されてから
マリー=アンヌ役のきいちゃんが登場するのですが、
もう、すでに泣いてる?ように見えたのです。


ほおに涙が・・・

なんで?とストーリー展開を知らないので、不思議でしたが
徐々に、謎が溶けました。



しかし、


前半は眠くて、睡魔と戦うが、だいもん(望風斗)ときいちゃん(真彩希帆)の
歌唱力にうっとり。



歌が上手くて、うっとりしてしまうから眠いのか?
わからない。


トップ二人の歌唱力が、ずば抜けている。
それだけはわかる。


あと、サン=ジュスト役のアーサー(朝美絢)が歌が上手くなってた。
声質も変わったのか?と驚くほど、声が通る。


綺麗な顔がこの役にぴったり。


この作品、ワイルドボーンさんの楽曲とトップ二人の歌唱力だけで持っているような気がする。歌えないコンビだとこんなにお客は呼べないと思う。


東京で、SS席が当たったので、感想は変わるかも。
良い席で観ると、駄作でもいいと思えるから不思議。



「SUPER VOYAGER」
楽しいショーでした。 
あやなたん(綾凰華)、爆上げでした。すごい目立つ。

あーさも!


あやなたんとひとこ(永遠輝せあ)が
ダルマになります。


長くて綺麗な御御足でした。
野口先生は、男役にダルマさせるのが、好きなのかな?
と思った。


とにかく、歌がうまいトップだとゆったりと観てられる。
雪組の観劇回数が確実に増えると思う
歌劇団ですからね、歌が上手くて当たり前。



月組の「アルカディア」も観劇。

ありちゃん(暁千星)がとにかく、可愛い。


落ちてたら、私も拾うわ!
ペットにしたい。


月組は上級生から下級生までうまいので、作品の出来が悪くても
それなりに仕上げてくる。


月組で、眠くて、たまらないというのは、あまりない。
(「暁のローマ」は辛かったけど)



さちか姉さん(白雪さち花)がありちゃんとキスシーン!
なんだか、素敵なのです。
さちか姉さん、好きなのでいいシーンだなって思ってしまう。


光月るうさん、夏月都さんも存在感あり。


貴澄隼人、晴音アキが人のいい支配人夫婦役を好演。


月組、5組に別れてもこのクオリティの芝居ができることが
素晴らしい。


2番手役の輝生かなでも良かった。
男役で、目についたのは、

風間柚乃、蘭尚樹、礼華はる、蘭世恵翔


あ、忘れてました。ヒロイン役の
美園さくらね、声が綺麗で歌がうまいので、
良かったですよ。


好みが分かれるかもしれないですね。



バウホールはいい劇場ですね。
久しぶりでしたが、どこの席でも良く観える。




バウホール観劇後に、お土産を購入したかったけど、
もうすでに閉店。


宝塚は儲ける気がないのか!
と呆れた。


とにかく、のんびりした場所です。
首都圏の常識がムラでは、非常識なのかもしれませんね。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年11月30日木曜日

ポーの一族新人公演配役

ようやく、花組ポーの一族の新人公演の主要配役が出ましたね。

聖乃あすかちゃんがエドガー
100期生の男役さん。星組の極美慎ちゃんに続いての主演です。

「ハイカラさん」で好演していましたが、今回のエドガー!
難しいだろうなぁ。素顔がとっても美人さんです。


怪しい雰囲気を醸し出して、頑張って欲しい。


しろきみちゃん(城妃美伶)がシーラ。
ヒロインです。



ヒロイン、何回目?
嫌いじゃないです。むしろ好きな娘役さん。


みりお(明日海りお)の相手役になって欲しかったくらいだから
なれなくて、本当に残念だった。


確か、5回目。
すごいのか、なんなのか?
何か、罪滅ぼしのような気がして・・・


気を回しすぎ?笑


そして、つかさっち(飛龍つかさ)がアラン。
アランか!


つかさっちには、持ってないキャラクターのような気がしますが、応援してます。


東京の新人公演のチケットが取れますように!

観に行きたいよ!




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年11月21日火曜日

ドクトルジバゴの理事

公式ホームページでドクトルジバゴの先行映像が出ました。

いつも思ってますが、理事(轟悠)のお顔って、彫刻みたいに綺麗。
美人さんです。とは言ってもの女に見えない。


ヒゲも自然だし・・・
ほおがこけているのも美しい。


理事、年齢、幾つだろう?
もう50だよね!



この年齢でこの体型を維持していることが本当に素晴らしい。
やはり、第一線で活躍しているから節制しているのでしょうね。


「ドクトルジバゴ」原田先生がどう料理するのか?
観に行こうかな?悩みます。


しかし、いろんな作品上演しすぎじゃない?
チケット取るのも忙しいし、肝心のマネーも羽が生えて出て行くし・・・


趣味はお金がかかるものだけどね!と悩ましいこの頃です。








ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年11月17日金曜日

そらがアニータ!そして、不滅の棘の配役!

宙組 ウエストサイドの配役が出ましたね。
一番気になっていた、アニータ!


そら(和希そら)になったらいいなぁと思っていました。
ずん(桜木みなと)じゃないか!という友人も多かったですが、


そらくん!アニータ!



楽しみですね。とは言ってもチケット取れてません。
ウエストサイドストーリーのミュージカルがそれほど、好きではないので・・・

   

それより、「不滅の棘」主要な配役も発表されました。

遥羽ららちゃんがフリーダ。
そして、華妃まいあちゃんが遠野あすかが演じた、クリスティーナ!


私的には、フリーダより、良い役だと思う。
初演のふづき美世はヒロインには思えなかった。



まいあちゃん、なかなか新人公演の主演も選ばれないので、やきもきしていますが、
今回の役がよければ次回は可能性があるのではないかと思ってます。


ただ、この役難しそう。
そう、遠野あすかは上手かった。



そして、初演で現雪組組長の梨花ますみさんが演じた、タチアナをせいこ(純矢ちとせ)が演じます。この役、観た時に衝撃を受けたから誰がするのかなぁと思ってました。


せいこにはまだ、若すぎるのではないかと思うのですが、どうなるだろう。

美風舞良さんが、カメリア!
初演は声に特徴のある翔つかささんでした。こちらもなかなか記憶に残る役。


瀬奈じゅん演じたアルベルトをアッキー(澄輝さやと)これは、順当。


瑠依蒔世がハンス!彩吹真央さんが演じたあのハンスです。
精神が病んでるハンスです。
これも期待できそうです。


りんきら(凛城きら)のコレナティ、夏美ようさんの役です。
こちらはちょっと記憶が曖昧です。


なんか、配役が出て、一気に楽しみになりました。






ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年11月10日金曜日

神々の土地2回目

11月9日木曜日宙組観劇。
なかなか良席でした。センターだったので、全体がよく観えました。


前回が集中できずに終わったので、観客の環境も大事なのだと痛感。
今回は、とても集中して観ることができました。


「神々の土地」、良かったけど いま一つに感じたのは、なぜなんだろうか?と帰宅後考えた。
怜美うららの演技がもっと良かったら、もっと胸を打つ芝居になったのではないか?


彼女のセリフを聞いてると、あ、ここで、咲妃みゆなら!チャピ(愛希れいか)なら!と頭をよぎった。


情感が今一つ足りない。


上田久美子先生が、「歌劇」で怜美うららの送る言葉に書いてあることにヒントがある。

その美しさはいつも想像力を刺激してくれた。演者の力量はこちらでフォローできても美しさだけは本人の才能が全てで・・・ (歌劇11月号抜粋)

要するに芝居は下手だけど綺麗だということ。


優しいようで、なかなか手厳しいコメントとも取れます。


確かに、美しい。それは認めるし、素敵だとも思う。
でも、演技力があればもっと感銘を受けた作品だったと思う。


それと、
ここで、歌でしょ!という箇所ありましたが、上田先生、歌わせなかったね。
芝居のクロリティが壊れるからね。やっぱり厳しい。


あいちゃん(愛月ひかる)のラスプーチンもイマイチだった。
あの良席でも迫力を感じない。大きいだけだった。


この二人の役はいい役だから作品の足を引っ張ってるように思えた。

マー様(朝夏まなと)が良かっただけに残念。


少々、辛口でしね。


「クラシカルビジュー」
やはり、良い席で観ると楽しかったです。
前半の気だるさも感じなかったのは、よく見えるからかなぁとやはり値段が高いだけあると感じ入りました。


マー様の素晴らしいダンスに酔いしれ、いつの間にか、ほおに涙が流れて困りました。
ハンカチで拭うと、まわりも同じく、泣いてた。


やはり、感動するところは同じなのだろう。



下級生の頃はあの長い手足が、悪目立ちしてるなあと感じたこともあったけど、成長して立派な姿になって・・・と母親の境地です。


もう、観劇予定ないので、これで、宝塚のマー様の姿の見納めでした。


いつも天真爛漫なマー様、本当にありがとう。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年11月7日火曜日

ポーの配役と花組のラインアップ

ポーの配役が出て、昨夜は、原作の漫画を読み返してました。
と言っても一巻だけですけど・・・



ちなつ(鳳月杏)の役がどんなだったけ?と読んでました。
かなりいい役じゃんとは思ったけど、2部には出てこなそう。

「ポーの一族」のストーリー展開だと仕方ないか


小池先生がどんな風に料理するのか!
もう、初日開くまで考えないことにしよう。
というかストーリー展開がよくわからん。



諦めです。




全国ツアーが「あかねさす紫の花」と「サンテ」!
そして、バウ初主演のマイティ(水美舞斗)、ショーみたい。


ダンスが上手いマイティなので、いいとは思うけど、一抹の不安の情報があります。
ショーのバウ主演すると退団が近いと・・・


確かにそういう感じは今までにあります。でも、マイティは大丈夫だと思うのですが


勘ですが。


あかねさすは大好きな作品です。
誰が中大兄皇子するのかな?大海人皇子はみりお(明日海りお)だよね。


カレイ(柚香光)かな?


ちなつにして欲しいな。願望です。


どちらにしても振り分けのメンバーが早く知りたいです。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村