2017年7月17日月曜日

グランドホテルの映像化

ツイッターでグランドホテルの
ブルーレイ、DVD版が発売されると
知った時!



もう、すぐに予約を入れねばと
珍しく、私興奮しました。


昨日、雪組観劇の折に
キャトルさんに駆け込み予約。
隣でも予約されている方がいました。


ほとんど、DVDは購入しません。
買うとしたらCDの方が多い。


BGMで流しながら家事ができるからです。
お風呂で聞いたりもしてます。
そのためにブルーツゥース対応の


スピーカーを夫が購入してくれました。
私のツボを抑えるのが上手。


でで、版権にどのくらい払ったのか知らん?



2回しか観れなかったのを大後悔した公演でした。
生の臨場感はないですが、
もう一度、あの世界が見れるのが楽しみです。



8月31日発売。
月組東京公演の初日1日前
シャンテのキャトルは開いてるのですね。



劇場のキャトルって開いてるのかしらん?
宝塚の付随の施設の
大名商売にいつも怒りを覚える私。


ムラへ行った時も、宝塚の殿堂とか
公演観劇後には見たくても、
終了時間まで、わずかしかない。


もう30分延長してほしい。
二回公演の日なんて、公演終わったら
もう営業終わってます。


働いている人優先すぎる営業時間
ふざけるな!と怒ってます。


あーグランドホテルの発売と
関係ない話題になってしまいました。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

雪組観劇、充実した公演だった

マイ千秋楽の雪組観劇
席も前から10列上手より
なかなか観やすかった。


2週間前に観劇した以来なので、
やはり、内容も充実して
見応えがありました。


ちぎ、みゆのこの二人のコンビが
みれないのかと感慨にふけってしまった。
特に、咲妃みゆ。


上手い。
大きな劇場で一人で歌う場面は
見入ってしまう。


ちぎは、相変わらずの歌唱力だけど
さらに、自由奔放に動いて
さらっとアドリブもする。


とても楽しそう。
細い体で、軽快に動く姿に
あっぱれと思う。


本当に素晴らしい運動能力です。


と同時に、お疲れ様ですと
言いたくなるほどの
細さ。


鳳翔大のキンちゃん。
相変わらず場をさらってましたね
楽しそうだった。


死装束の場面のちぎとのやり取りは
さらに間が良くなってました。


ちょっとした間がずれるだけで
こける場面ですからね


難しいところです。



がおり(香綾しずる)は安心の
おかしさ。


出番は少ないけど
しっかり場面を担当



演出家もがおりに任せてるのが
わかる。


桃花ひなちゃんは踊りで目立つ場面を
もらっているが、
やはり、主演の咲妃みゆの方が
表現力は上です。


技量は上かもしれないけどね
(花柳流の師範を合格したからたいしたものです)
今後は、日本舞踊の先生として
活躍されるのでしょう。


その場面で一緒に踊っている
蒼井美樹
どうも踊りがイマイチで
腕の使い方がぎこちないと
思っていました。


が、ショーで彼女の腕が長いことを
発見。
着物の寸法が合ってなかったかも


あんり(星乃あんり)
咲妃みゆとのバトルの場面の
迫力が倍増してました。


二人の息のあった喧嘩が
ミモノでした。


だいもん(望海風斗)率いる
長州藩の面々もさらに息が合ってました。


やはり、芝居はナマモノ
何度も観たくなるのですよ!



ショー「DramaticS」
楽しかったです。


絆の場面では、グッときました。
雪組生もグッときてるのが
わかります。


あと残すところ1週間です。
寂しいですよね


しかし、トップスターって
すごいですね。

幕開け、一人で舞台に出て、
2000人以上の視線を集中させてる


公演を背負ってるのがありありと
わかりました。


花組でも、みりお(明日海りお)が
背負ってる。

すごいことです。(普通か!)
小さい二人が奮闘している姿に
つい、拍手を送りたくなる。


月、星、宙組のトップは
大きいから、思わないです。笑


雪組、素敵で
感動する、ショーでした。





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年7月8日土曜日

遠征している間に激震

7月6日木曜日、ムラへ花組を観劇のため
遠征していました。

6日、マチソワ後に友人と宙組のトップ娘役が
なかなか発表がないのは、
うらら(伶美うらら)ではないのでは?


などと会話していると友人から
「うららが退団!」と連絡があった。


驚きました。
そして、うららと同期の娘役二人(彩花まり、涼華まや)も
同時退団。瀬音リサも退団



抗議の退団だと思う。



ここまできて、うららをトップにしない劇団への
抗議なんだろうな


過去にもそういうことがあった。




ミリオン(実咲凜音)がエリザベートで
退団したいと申し出た時に
劇団からもう一作残って欲しいと依頼されたと
風の便りで聞いていた。



劇団は、うららにトップをさせたくなかったのだな。
まどか(星風まどか)の経験を少しでも積ませたかった。



うららを選ばなかった理由もあるのだろうけど・・・


などなど、いろんなことを推測できる
今回の発表。


なかなか、発表しなかったのは、
真風涼帆の大人の演者にまどかはどうだろうか?
と劇団の幹部も悩んだのかも・・・


だって、似合わないでしょ!!!


真風とまどか

大人の男性と子供やん!


この選択で作品が影響されるのが一番
ファンとしては辛い。


真風ファンの心中を察します。


どんな作品をあの二人に演じさせるのか?
想像できない。




そして、キキちゃんの(芹香斗亜)の
宙組への組替え


同期のあいちゃん(愛月ひかる)の心中は
いかばかりか?
でもね、ルキーニの評判悪かったから
いつかは、何かあるかとは思ってた。




キキもこれで、トップ就任が遅れる。
キキちゃんもあいちゃんの気持ちを
思うと宙組へ行きにくいだろうな。


マイヒーローの時のキキちゃんの
お茶会に出席した友人が、
「元気がなかったのは、この組替えを打診されていたのだと
思うわ」


とポツリ。



そうなのか!

なんとも後味が悪い組替えです。


娘役の組替えもあるけど
どんな意味があるのだろう?


星組のあやな(綾凰華)は雪組でポジションが
上がるような気がする。
あやな、頑張ってね。







ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年7月4日火曜日

ちぎのロミオか!みたかったな

5日発売の「歌劇」
友の会で定期購読していると
少し、早く届きます。


今月号はちぎ(早霧せいな)のサヨナラ特集。


このサヨナラ特集は演出家の先生の送る言葉が
掲載されます。これがなかなか良いのです。



今回も、小池先生の送る言葉に
「へーそうなんだ!」と驚く内容でした。




稽古場で、ちぎが代役でロミオを演じた時の
エピソードが載っています。


稽古場での代役での前場面通しで早霧が演じた
ロミオは、歌唱も含め素晴らしい演技であったからである。
観ていた男性スタッフが全員「ひばり」のシーンの早霧の
演技で落涙した。 7月号歌劇より抜粋


その後、劇団にあれはお客様に見せるべきだと
力説したそうです。

叶わなくて残念。
ゆうみ(咲妃みゆ)の月組時代の
新人公演のジュリエットも素晴らしかったから


上演して欲しかった。



宝塚スカイステージが始まって15年。
毎日のスカステニュースや
生徒の素顔がわかる番組が
ありますが、


歌劇、宝塚グラフでの情報も捨てがたいものです。


ゆうみ(咲妃みゆ)についても
上田久美子先生の送る言葉も
よかったですよ。


ぜひ、7月号の歌劇読んで見てね





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月30日金曜日

月組のラインアップ

来年の2月の月組のラインアップが
発表があった。

久しぶりの石田晶也先生の作品。
そしてそして、


上田久美子先生の初ショー
物語風のショーです。


どちらの作品も長〜い題名
プログラムの表紙のデザインは
どんな風になるのかしら?

と変なことに頭がいってしまった。


石田先生の作品は原作があるので
楽しめるかと・・・


上くみの作品
解説を読んでいると




舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY。
世界統一され、戦争も犯罪も全ての
悪が鎮圧されたピースフルプラネット“地球”に、



月から放浪の大悪党バッディが乗り込んでくる。
バッディは超クールでエレガントなヘビースモーカー。
しかし地球は全大陸禁煙。



束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、
つまらない世の中を面白くするために
あらゆる悪事を働くことにする。


彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに
眠る惑星予算を盗み出すこと。


しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる!

<宝塚歌劇団の公式ホームページより>





私が、子供の頃は
物語風のショーもあったような
記憶がある。


どんな作品になるのか
期待して待ってます。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

雪組「幕末太陽傳」を観劇

木曜日、6月29日13時半公演を観劇
伶美うらら、涼華まや二人、同期で観劇に来てました。



うらら、大きいですね
美人でしたけど・・・



さて、幕末太陽傳は、面白かったです。
観劇しながら、思わず、場面転換を注目してました。



なぜかというと・・・
花組の邪馬台国の風との違いを
探ってました。


雪組も暗転はしますが、
例えば、暗転、下手花道から
登場人物が登場、そして、本舞台へ


本舞台が暗転して次の準備をしている時は
下手花道でお芝居が続行しているので、


集中力が途切れることがないのだなあ〜


なんて、花組を引きずりながら
観劇してしまった。


でも、途中から集中してましたけどね。


ちぎ(早霧せいな)とゆうみ(咲妃みゆ)の
息のあった芝居。

ちぎが軽快。
ゆうみが上手い!


大ちゃん(鳳翔大)が儲け役で面白いです。
銀橋からワカメを頭につけて出てくるシーン。
ワカメの量が増えているような気がします。


がおり(香綾しずる)はもうちょっと
使ってほしかった。


大ちゃんほど、インパクトがない

でも、間も良くて芝居巧者です。



大ちゃんは、本当に努力の人です。
見た目は綺麗、スタイルも良し
でも、ダンスも歌も下手だったし

芝居の間もイマイチだったけど
努力したのだとわかります。

本当に下級生の頃に比べたら
上手くなった〜と
母のような気持ちです。




永久輝せあが華があっていいですよね。


咲ちゃん(彩風咲奈)もいい役だけど
いまひとつ、押し出しが足らないような
せあちゃんに追い抜かされるのでは?


と心配。


残念だったのが、
ダイモン(望海風斗)の
出番が少ない。


カツラもいまひとつだし
衣装も一張羅で
かわいそうです。


次期トップなのになあ




ヒメ(舞咲りん)がフケなりきって
一癖も二癖もある役を好演してました。


眉毛のない顔が怖い!笑
徹してるのが好きです。


きいちゃん(真彩希帆)は
可愛かったですね。
化粧が変わってました。



ショー『Dramatic S』

スピーディな展開で飽きさせない
でもね、満足感がないのは・・・


雪組って歌唱力が低い。



かり(煌羽レオ)が若手男役を引き連れて
銀橋出てくるのですが、
イマイチ、歌唱力がないので


歌詞が聞き取れない


トップのちぎが得意じゃないからね・・・



観劇後に友人と
次期トップのダイモンに
期待しようと話しながら帰宅。


大満足の公演ではないけど
でも、やっぱり、宝塚はいいなあ


次回の観劇は、なんと
またもや、花組遠征。


用事があって関西に行くついでに
チケット取ってしまった。


ショーが良いので、楽しみですが、
その前に拷問のように眠い公演を
見ないと行けないかと・・・


考えるのをやめよう。
大好きなちなつ(鳳月杏)に会えるのだと
ときめきにムラへ行きます。







ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月27日火曜日

花組「Sante」の感想

プロローグの男役5人の幕あきから

舞台中央セリに乗った明日海りお。

みりおちゃん、身体にぶどうの蔦と果実を
まとってます。


美しいです。
「サンテ」と叫んで、白のマントが取れて
銀橋に来て、組子たちも


客席降りしてくれます。
グラスは持ってないですが、
持っている人には乾杯してくれます。

もちろん、座席によりますけどね。
1回目は、マイティ(水美舞斗)と
くみちゃん(芽吹幸奈)が近くに来てくれたので

乾杯!


グラスを持っていてよかったです。

ちなつ(鳳月杏)のお茶会でも
「グラスを持ってくれていると
目立つし、嬉しいですので、
ぜひお買い求めください」
と遠慮がちに
言ってました。


遠慮がちに言うところが
優しい人だなぁと
つい、さらに贔屓してしまいます。

あ、脱線してしまった。


マギー(星条海斗)と美穂圭子さんの場面
歌唱力があるっていいですよね
安心して、鑑賞できます。


マギーとみりおちゃんの並びも
月組以来で懐かしいです。



マギーも素敵ですよ。
専科さんという感じはしないです。




やんさん(安寿ミラ)の振り付けの場面
ソフト帽とスーツ。


素敵ですよ!

振り付けがやんさんらしいです。


1回目は、ちなつしかみてなかったので
2回目は、オペラをあげるのを
グッと我慢して


全体の構成を確認。
後ろ姿が素敵です。
でも、ちなつが真ん中で踊るところは
しっかりオペラ 笑


その後、みりおちゃんとゆきちゃん(仙名彩世)
キキちゃん(芹香斗亜)とあかり(白姫あかり)
カレイ(柚香光)とヒラメ(朝月希和)


この3組のダンス。
カレイとヒラメのカップルに目がいきました。
キキちゃんとあかりも


タッパがあるので、迫力あります。


みりおちゃんとゆきちゃんは
小さいので、どうしても埋没してしまう。
ゆきちゃんがこんなに背が低いとは
思わなかった。



ショーでは、ゆきちゃん、
高いヒールの靴を
履いてもいいのではないかなぁ


いつもみりおちゃんの横にいるわけでも
ないので、一人の娘役としてしっかりと
立ってほしい。





フランス料理が順番に出て来ます。


銀橋を渡り継ぎます。


まずは、サラダのあきら(瀬戸かずや)
とりりかちゃん(華雅りりか)
緑色の衣装。




コーンポタージュ、マギーと美穂圭子さん
黄色の衣装。


キキちゃんは魚、水色の衣装


メインが肉!ゆきちゃん
みりおちゃんがソース
絡んでます。


回る盆の上で絡んでます。
美穂圭子さんの歌詞を噛み締めながら
みてください。


マイティは、チーズ。
紫の衣装、青カビらしいです。


ちなつとベーちゃん(桜咲彩花)は
デザート、白の衣装にピンクです。


それからカレイ中心のカンカン
カレイが汗だくです。

中詰がラテン系です。

ここで、確か、みりおちゃんが
女装してた。
歌います。



それから、上手の花道に引っ込むが、
ただ、ただ、歩いて引っ込む。
何か一言、言ってほしい。

本人も言いたそうに見える。



あきらとマイティが踊ります。
マイティが女装。
お腹出てます。


ポールダンサーみたいです。
とにかく、綺麗な腹筋。
マイティのお腹とダンスに


目が釘付けです。
一生に一度だけでもあんな
お腹になりたいと思う。


ていうか、マイティ、女の子だよね?笑


マギーと美穂圭子さんの場面。
またまた、美声が聞けます。


キリストの流した血が赤ワインになるという
シーン。
キキちゃんが、吟遊詩人。
みりおちゃん、他多勢出て来ます。


ちなつも出て来ます。


それから、私のお気に入り
ゆきちゃん中心で娘役がだるまで羽背負って
一人ずつ、ピンスポット当たります。


ピンスポットの照明が弱いから
拍手が起きませんが、
男役さんなら

一人ずつ、拍手をもらっていそうな
シーンです。

ゆきちゃんが、艶ぽい声で
歌います。そして、掛け声言いながら
銀橋を駆け抜けます。


かっこいいですよ。


もっと拍手してあげてと
思いながら、手を叩きました。


ゆきちゃん、小さいけど
パンチのあるダンスです。



黒燕尾、赤いバラを一輪胸に刺して
踊ります。
「乾杯」の曲です。

みんなが知っている曲なので、
入り込みやすいです。


そして、トップコンビの
デュエットダンスです。


エトワールが96期娘役3人です。
乙羽映見、朝月希和、更紗那知

あっという間のショーで
「もう、終わるのか!!!」


お芝居と、正反対。
またまた、愚痴になるのですが、
邪馬台国の最後の緞帳が


降りてくるときに、
「ごめんなさい、終わりまーす。
失礼しました!」


て感んじに見えるのです。
東京公演で変わらないかなぁ

無理かな?



もうやめとこ・・・

これにておしまい。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村