2017年6月27日火曜日

花組「Sante」の感想

プロローグの男役5人の幕あきから

舞台中央セリに乗った明日海りお。

みりおちゃん、身体にぶどうの蔦と果実を
まとってます。


美しいです。
「サンテ」と叫んで、白のマントが取れて
銀橋に来て、組子たちも


客席降りしてくれます。
グラスは持ってないですが、
持っている人には乾杯してくれます。

もちろん、座席によりますけどね。
1回目は、マイティ(水美舞斗)と
くみちゃん(芽吹幸奈)が近くに来てくれたので

乾杯!


グラスを持っていてよかったです。

ちなつ(鳳月杏)のお茶会でも
「グラスを持ってくれていると
目立つし、嬉しいですので、
ぜひお買い求めください」
と遠慮がちに
言ってました。


遠慮がちに言うところが
優しい人だなぁと
つい、さらに贔屓してしまいます。

あ、脱線してしまった。


マギー(星条海斗)と美穂圭子さんの場面
歌唱力があるっていいですよね
安心して、鑑賞できます。


マギーとみりおちゃんの並びも
月組以来で懐かしいです。



マギーも素敵ですよ。
専科さんという感じはしないです。




やんさん(安寿ミラ)の振り付けの場面
ソフト帽とスーツ。


素敵ですよ!

振り付けがやんさんらしいです。


1回目は、ちなつしかみてなかったので
2回目は、オペラをあげるのを
グッと我慢して


全体の構成を確認。
後ろ姿が素敵です。
でも、ちなつが真ん中で踊るところは
しっかりオペラ 笑


その後、みりおちゃんとゆきちゃん(仙名彩世)
キキちゃん(芹香斗亜)とあかり(白姫あかり)
カレイ(柚香光)とヒラメ(朝月希和)


この3組のダンス。
カレイとヒラメのカップルに目がいきました。
キキちゃんとあかりも


タッパがあるので、迫力あります。


みりおちゃんとゆきちゃんは
小さいので、どうしても埋没してしまう。
ゆきちゃんがこんなに背が低いとは
思わなかった。



ショーでは、ゆきちゃん、
高いヒールの靴を
履いてもいいのではないかなぁ


いつもみりおちゃんの横にいるわけでも
ないので、一人の娘役としてしっかりと
立ってほしい。





フランス料理が順番に出て来ます。


銀橋を渡り継ぎます。


まずは、サラダのあきら(瀬戸かずや)
とりりかちゃん(華雅りりか)
緑色の衣装。




コーンポタージュ、マギーと美穂圭子さん
黄色の衣装。


キキちゃんは魚、水色の衣装


メインが肉!ゆきちゃん
みりおちゃんがソース
絡んでます。


回る盆の上で絡んでます。
美穂圭子さんの歌詞を噛み締めながら
みてください。


マイティは、チーズ。
紫の衣装、青カビらしいです。


ちなつとベーちゃん(桜咲彩花)は
デザート、白の衣装にピンクです。


それからカレイ中心のカンカン
カレイが汗だくです。

中詰がラテン系です。

ここで、確か、みりおちゃんが
女装してた。
歌います。



それから、上手の花道に引っ込むが、
ただ、ただ、歩いて引っ込む。
何か一言、言ってほしい。

本人も言いたそうに見える。



あきらとマイティが踊ります。
マイティが女装。
お腹出てます。


ポールダンサーみたいです。
とにかく、綺麗な腹筋。
マイティのお腹とダンスに


目が釘付けです。
一生に一度だけでもあんな
お腹になりたいと思う。


ていうか、マイティ、女の子だよね?笑


マギーと美穂圭子さんの場面。
またまた、美声が聞けます。


キリストの流した血が赤ワインになるという
シーン。
キキちゃんが、吟遊詩人。
みりおちゃん、他多勢出て来ます。


ちなつも出て来ます。


それから、私のお気に入り
ゆきちゃん中心で娘役がだるまで羽背負って
一人ずつ、ピンスポット当たります。


ピンスポットの照明が弱いから
拍手が起きませんが、
男役さんなら

一人ずつ、拍手をもらっていそうな
シーンです。

ゆきちゃんが、艶ぽい声で
歌います。そして、掛け声言いながら
銀橋を駆け抜けます。


かっこいいですよ。


もっと拍手してあげてと
思いながら、手を叩きました。


ゆきちゃん、小さいけど
パンチのあるダンスです。



黒燕尾、赤いバラを一輪胸に刺して
踊ります。
「乾杯」の曲です。

みんなが知っている曲なので、
入り込みやすいです。


そして、トップコンビの
デュエットダンスです。


エトワールが96期娘役3人です。
乙羽映見、朝月希和、更紗那知

あっという間のショーで
「もう、終わるのか!!!」


お芝居と、正反対。
またまた、愚痴になるのですが、
邪馬台国の最後の緞帳が


降りてくるときに、
「ごめんなさい、終わりまーす。
失礼しました!」


て感んじに見えるのです。
東京公演で変わらないかなぁ

無理かな?



もうやめとこ・・・

これにておしまい。




ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月25日日曜日

花組観劇のためムラへ遠征して来ました。

6月24日土曜日15時公演を観劇と
25日日曜日の11時公演も観劇。



邪馬台国の風


うーんとね、はっきりと言います。
面白くないです。
眠いです。



あくびを6回しました。



2回目観劇の時に「なんで、面白くないのか?」
と分析しながら観てしまった。



舞台展開がマズイ!


1場面ごとに暗転になる
ストーリー、説明のためのセリフばかり
お稽古場みたいです。



何を伝えたいのか?
さっぱりわからない。


邪馬台国の女王となったヒミコが、
神の声を聞くという不思議な能力によって

政(まつりごと)を行い、国を治めていたというのは
面白いなあと改めて興味を惹かれ
作品を創り始めました。

(『歌劇』座談会より抜粋)


これを読み返して
だから面白くないのかと確認。


ヒミコの話だけだもんね。


恋愛らしい話もなく、
お芝居が盛り上がらない。


唯一、トヨ(朝月希和)が
フルドリ(柚香光)を好きだけど
片思いで、フルドリが好きなのは


イサカ(城妃美伶)。


イサカが好きなのは、タケヒコ(明日海りお)。
ここも片思いで、タケヒコはマナ(仙名彩世)が好き。


この場面だけは、連続していて
芝居に集中できるし、共感できる。



フルドリの切ない恋心の歌もよかったし、
カレイ(柚香光)も歌唱力が少し、
上がってます。


クコチヒコ(芹香斗亜)の悪役はかっこいいですが、
突拍子もなく出てくるから
???


なんか、悪と善を出しとけば
面白いでしょう?
という安易な設定。


下級生まで、役もありセリフもあり
座付き作者として、愛情を持って
作品を作ったのは理解できる。

でも、1万円近く払って
観る方の立場になってください。

もう、感想も書く気しない。



しかし、ちなつのファンなので、
アシラ(鳳月杏)について
見た目、かっこいい。


でも、肝心な時にいない。
みんなが戦っているのに
いない。笑


終わってから出てくるし・・・


立ち回りして欲しかったなと
ファンは思います。




さて、ショー「Sante」は
楽しかったです。


あっという間に終わってしまう。


客席降りもプロローグであるので、
テンションが上がります。
いきなり、客席の温度が上がってるのが


わかる!
邪馬台国と大違い。


客席降りの時間も長いので、
1階席、特に通路側は楽しいですよ!


幕あきは、キキ(芹香斗亜)、あきら(瀬戸かずや)
ちなつ、カレイ(柚香光)、マイティ(水美舞斗)
5人の男役のゴージャスな女装?です。




これはね、お茶会でも話題になりました。
詳しくは書けないけど
面白かったです。


お茶会も土曜日参加しました。
これは書けないので、
残念です。


キキちゃんから
お祝いが届いていて、
キキちゃんのちなつへの愛が
半端ないです。


ちなつは、おっとりしているので、
嬉しいけど、前面に出さないからね

出してるのかもしれないけど 笑


あ、脱線してしまった。

ショーについては
明日、続きを書きます。

さすがに眠いです。



ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月16日金曜日

カフェブレの天華と有沙、可愛いです

東京MXTVの今週の
カフェブレのゲストは
ピー助(天華えま)とくらっち(有沙瞳)でした。


出だし、くらっちがなんと演歌を小学生の頃に
習っていたという話題になりました。
大会で賞をもらっていたそうです。



こぶしも披露してくれました。
「天城越え」の最後の節を歌ってくれました。




くらっちの歌がうまいのは、
幼い頃から民謡を習っていたとは!
知らなかった。




新人公演の話で、
最後の「我が家」のエピソード話しながら
ピー助がくらっちに顔を近づけて


2度もですよ!


司会の中井さんが思わず
「近い近い」と


見ている側が恥ずかしくなる程でした。


指輪を買うエピソードとか
音楽学校時代の「初めて」の話。




もう、二人のラブラブ度がすごかったです。


こらーーー!
テレビの前で思わず、顔が赤くなるわ!


なんでやねん!笑


素敵な新人公演カップルでした。


ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

2017年6月9日金曜日

蓮つかさ!新公主演、めでたい

れんこん(蓮つかさ)がやっと新人公演主演に決まった。
2013年に月組で上演された
「ルパン-ARSENE LUPIN-」で


暗がりで、1小節だけソロで歌っていた。
「この綺麗な声は誰?」と
オペラでみて、プログラムで確認して

蓮つかさ、97期。

それから、密かに応援してました。


新人公演でも二番手、三番手の役に
抜擢されていたけど
主演には選ばれなくて、やきもきしてた。


よかった、れんこん。


かれん(結愛かれん)、ヒロイン決定。
めでたいけど、チャピ(愛希れいか)の役は
かれんの雰囲気に合うだろうか?


というか、チャピって背が高いし、
元男役だからこのルイ14世の役ができるけど



愛らしく色気もあるかれんに
ルイ14世は厳しいかも



だいたい、この役ができる下級生の娘役が
いるだろうか?と思っていた。
男役がしてもいいかもと思っていたけど


そうしたら、下級生の娘役の士気も下がるしね


もう、決定だし
かれん、頑張って欲しい。



れんこんの主演をなんとかみたい。
友の会、当ててください!





ランキング参加しています
ポチットお願いします
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村